Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

キャンバスの設定・サイズと解像度を理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではキャンバスの設定、サイズと解像度を理解しましょう。
講師:
03:38

字幕

このレッスンではキャンバスの設定サイズと解像度を理解しましょう。先ず、ここに同じ画像なんですけれどもこちらは rif ファイルPainter Essentials 5 で書いたものなのですがこちら書き出した jpg ファイル全く同じものです。jpg ファイルの方を見てください。キャンバスメニューから「サイズの変更…」というのを行います。これはセンチメートルで表示してみますが10 センチの 14 センチちょっと満たないですけど 13.8 センチですね。こんなサイズです。解像度は 200 となっています。これが印刷した時のファイルのサイズ画像のサイズですね。ピクセルというのは 787 ピクセルこれはウェブ等にアップする時はこのピクセルで見ていく印刷の時はセンチで見ていくこういう風に捉えてください。解像度を、今 200 ですが半分の 100 に変更してみます。解像度を 100 にしました。センチで見てみますと9.9、10 センチ弱13.8 センチこれは変わらないですよね。これを、このまま OK します。そうすると画面上で小さく表示されていますね。これは解像度を下げるということはどういうことかと言うと画面に見えた状態では余り変化はないと思うのですが印刷した時に、こちらの画像はかなりドットが見える様な状態になってしまいます。 ppi と言うのですけれども1 ピクセル今、同じ表示ほぼ同じぐらいの表示にしますけれどもこちらは、かなりぼやけていますよね。繊細な線等は、潰れてしまうんですね。ppi に戻りますけれどもピクセル / インチというもので1 インチの中にどれくらいのドットで絵を構成しているかという単位になります。絵を構成しているかなかなか難しいですよね。コンピューターはドットで作られるドット絵で作られているんですね。それの階調の変化で柔らかく見せているのですけれどもこのまま印刷してしまうとこれは同じ大きさに戻しますが更にぼやけた状態になってしまう更にキャンバスのサイズの変更で例えばこちら今、左側ですね。こちらですね。こちらをキャンバスの変更でこの半分のサイズ 50 にしてみますね。ここは変わらないです。これでOKします。同じ表示にしてみますけれどももうモヤモヤですよね。こういう風に解像度、ピクセル / インチその数値が大きくなれば大きくなるほど繊細で細やかな表現が可能になりますし印刷した時も綺麗になります。ただ、あまり大き過ぎるとファイルが大きくなってしまうので重い処理をしていかなければならない様な状態になってしまいます。 このレッスンではキャンバスの設定解像度を理解するというのを学んでもらいました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。