Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

ワコムデスクトップセンターを使いペンタブレット設定を読み込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではワコムデスクトップセンターを使い読み込んだessentials.wacomprefsに付いて解説します。
講師:
07:27

字幕

このレッスンではワコムデスクトップセンターを使い、読み込んだPainter Essentials 用のペンタブレット設定を解説します。まだ読み込まれていない方はデスクトップセンターこれを立ち上げてそこから読み込んでください。ファイルはアセットの中に入っていますので「コンピュータへ設定をバックアップ」の所から復元ですね。バックアップされると思ってくだされば良いのですけれども、復元そして essentials.wacomprefsこれを開きます。これだけでもう設定ができますのでこれは閉じてしまいますね。Painter の方に戻ります。カラフルなロールが見えていますけれどもここで先ずこのボタンファンクションボタンです。これを押すと、この様に分かりますね。スクリーンモードをこれで切り替えるようになっています。次に下の、このボタンですけれどもこれは全画面表示ができるようになっています。例えばスクリーンモードがこの状態ですとこのスクリーンの中にピタッと表示されます。全画面だと、これでこうなりますね。開いているウィンドウとそれからディスプレイどちらかにピタッとフィットして表示されます。では、このボタンこちらはですね押してみると option + ⌘Windows ですとoption + Ctrl になると思うのですがこのキーを割り当ててあります。 これはブラシサイズを変更できるようにしてあります。どういうことかと言うとこれを押してそのままドラッグするとブラシサイズが変わるようになっているのです。これは便利ですよね。細かい所、例えばこの丸の中を塗っていきたいという時はちょっと、こちらに持ってきます。この中の色を変えたいという時ですね。これはですねカラーホイールが出ていませんね。黄色でこの中を塗りたいという時は黄色を選択してブラシですね。ウェットオイリーだと、ちょっと塗りにくいので今は角チョーク。これは筆圧があまり関係ないもの完全に関係ない訳ではないのですけれどもテクスチャ感は残ってくるのですが大きさは変わらないんです。その場合、ここを押してこうしてしまうと、もう一気にここがこういう風になってしまいますね。これはアンドゥします。ですからこのボタンを押しながらドラッグすることでサイズを調節してそれで、ここを黄色に。こういう作業ができます。もう 1 つ、こちらのファンクションキー。これは押すとスペースになっています。スペースは何を意味するのかと言うとキーボードの一番手前にある一番大きいスペースキーなのですがこれが非常に便利なのはこのままドラッグすることができるんです。 押したままですね。こちらは押すだけです。押すだけで変わります。こちらは押したままの操作。こういう風に設定してあります。もう 1 つなのですがこのボタンですね。2 つあります。このボタン。上はですね上を押すとホイールが消えるんです。通常の描画の時アプリケーションの UI を隠しながら作業することが多いのですけれどもカラーホイールだけは残しておきたい色を自由に選んで作業していきたいということで残してありますけれどもこれすらも邪魔になってきた時はこのボタン。ここを押すだけです。表示、非表示が切り替わります。もう 1 つ、今度は下側のボタンなのですけれどもこれは非常に役に立つ割り当てをしてあります。これは何かと言うとUI をちょっと表示させますけれどもこれです。スポイトツール。スポイトツールは何をするものかと言うとスポイトツールはここで、このボタンを押してスポイトツールにすると今、白っぽいグレーですね。これは先程塗った赤この様に画面の中から自由な色の選択ができます。勿論ここで色を作っていくという感覚なのですけれども選択して描画する。こういうことは当たり前のように使っていきますが例えば「ウェットオイリーブレンド」という「ブレンド」の中にあるこれですけれどもこれを例えばこうやって塗ってみます。 それで違う色を。もう少し彩度を上げましょうか。これは通常塗ったように感じるのですけれどもズームインしていきます。ここで実はこういう風にすると分かりますかブレンドされるのです。混じり合うのです。他にもあります。例えば「アクリルとオイル」でもブレンド。このバリアントにカーソルを持っていくと下側に出てきますね。ここのストローク、予想されるストロークですね。それが出てきます。今この状態は赤い色のブラシでストローク。そして、これを白い所に持っていくとどうなるかと言うと白と赤が混ざった状態の色が作れるんですね。そしてスポイトを使ってこの色が欲しいまた、この色が欲しいという風に描いている中から色を選んでそして、作業ができる。これは非常に便利な感じです。是非この 4 つのファンクションキーとここのボタン。サイドスイッチですね。これを使って自由な絵が描けるようになってください。このレッスンではessentials.wacomprefsこの設定ファイルこの中身について解説しました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。