Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

メインカラーとサブカラーを知る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではメインカラーとサブカラーを解説します。
講師:
03:31

字幕

このレッスンではメインカラーとサブカラーを解説します。新規ファイルを先ず、開きます。デフォルトのもので良いと思います。真ん中に移動しました。ブラシを選択します。分かり易いところでいこうと思いますけれども角チョーク、これは紙目も非常に明確に出してくれるものです。カラーホイールが表示されていないのでカラーホイール設定してありますので、これをクリックすると出てくるのですけれども他の方は、これですね。「カラー」ウィンドウから「カラー」を表示させましょう。オレンジ色にしてみました。これは、こうですね。これがメインカラー要するに描画している色です。ここに出ている。このメインカラ―それから、もう 1 個ここの後ろにあるものこれは、サブカラーと言うのですけれどもサブカラーPhotoshop 等では描画色、背景色という言い方をして背景色、これを変えるとグリーンにしますけれども消しゴムでキャンバスを擦ると上を擦っていますよ擦ると背景色になるのです。しかし、これはならないのです。紙の色は紙の色なのです。Painter の場合は。では、このグリーンは何処で使われるのだろう。メインカラーとサブカラーがあってサブカラーは サブ カラーですからね。 何処で使われるのかと言うと「特殊効果」と「粒子」こういう特殊ブラシで使われます。「パターンペン」にもありますけれど。特殊効果の例えばそうですね、ネオンというのがあるのですけれども「ネオンペン」今カーソルを持っていくとここに色が 2 つあるような感じグレーと何だか黄色っぽいのがありますね。これを使ってみます。これを使うと、こういう実は、グレーっぽく見えていたのはこのグリーン。これがサブカラーなのです。サブカラーを変えてみます。メインカラーこれはオレンジのままです。拡大表示をしてみます。こちらがオレンジ。こういう風に2 色を使ったブラシというのが特徴的な特殊効果のペンというのがあります。例えば「粒子」です。この「ばね(シルク フラワー)」です。これを使うとシルクの生地をグジュグジュっとまとめたような、ものなのですけれどもそれが描けるのですがこういう風に両方の色を使いながら描画していますよね。サブカラーの方もここで変えましょう。似たような色になってしまうのでこれで分かりますね。では、画面に合わせておきます。このレッスンでは、メインカラーとサブカラーについて解説しました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。