Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

ミキサーパネルで色を混合する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではミキサーパネルについて詳しく解説します。
講師:
04:00

字幕

このレッスンでは「ミキサー」パネルについて少し詳しく解説していきます。「ミキサー」パネルこれです。これは、もう一回使ってあるのでこのような感じになっています。「ミキサー」パネルを今切り離しましたけれどもサイズを変えることができます。そうすると、周りが少し広くなりますね。色は「カラーセット」から選んで使っていきます。ブラシになっていますので筆ブラシ。これで今、選択した色がブラッシングされています。そして、もう一色明るい色を入れてみましょう。これを、ここに合わせていくとミキシングされている。もう一回この色を少し増やしていきます。ストロークしたら分かる通りにここから、ブルーでもこういう風に混ぜ合わせていった最後の色。ここの色が、次のブラシの色になります。もっと細かく作業したいとか小さい所から拾っていきたいという時なのですけれどもこれはキーボードショートカットしか使えないのですが「スペースバー」を押しながらWindows では CtrlMac では command キーを押すとこういう風にプラスのルーペのアイコンになります。これはクリックするとどんどん拡大していきます。2 つのキーボードショートカットを使っていますけれどももう 1 つ、Alt キーを押すとこんな風に引いていきます。 スペーススペースキーだけ押していくとこうですね。スペースキーはここにも割り当てられています。こうやって動かすことができます。かなり広い範囲で使うことができるのです。ここだけしか表示されていないと何だか狭くて使いにくいなと思うのですけれどもこれは動かすことでどんどん新しい色を追加して混ぜ合わせてということができるようになっています。もう 1 つ、ここにこのようなバーがありますけれどもこれはブラシのサイズなのです。小さくなりましたね。ここまで小さくするとちょっと使えないとは思いますがこんな感じで小さくして要するに広い色同じ分量でこの黄色と赤を混ぜ合わせるとどうしても赤の色が強くなっていますよね。どちらかに偏ってしまうのです。ですから、ここではこうやってブラシサイズを細くすることで絵の具の量を減らしてあげるという感覚で使っていくと良いと思います。ここで、これです。これはデフォルトに戻します。この辺りのこの絵を描く時に使ったパレットで他は要らいないという時これを押します。そうすると元のここのグレーの階調と何色かの虹色の階調これだけ残っていきます。それから、ゴミ箱は分かりますね。「消去&リセット」です。 これは、もうすっかり無くなってしまいます。でも、ここを押せばデフォルトの「ミキサー」にまた戻ります。このまま小さくしてカラーセットの隣に置いておいてあげると良いでしょう。このレッスンでは、カラーミキサー「ミキサー」パネルで色を混合するという所そこを詳しく解説してみました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。