Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

特殊効果と粒子、パターンペンを楽しむ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは特殊効果と粒子、パターンペンを楽しんでみましょう。
講師:
07:19

字幕

このレッスンでは、特殊効果と粒子、パターンペンを楽しみましょう。まず「ファイル」>「新規」イメージを開きます。「キャンバスプリセット」の中に「粒子ブラシ」がすでにあります。「粒子ブラシ」、「Painter デフォルト」「縦向き」、この3つがあるはずです。「粒子ブラシ」、1番上にあるのを開いてみましょう。このファイルは単純に背景が黒で作られている、というだけなのですが粒子ブラシ用なので「粒子ブラシ」をまず見てみましょう。「引力のカオス」というものがあります。「引力のカオス」というのは、ちょっと見えないです。何か点が打たれているのですが、ここにぴゅっとズームインします。飛び散ったのが分かります。今、明るい色で描いているにもかかわらずこう流れて、中心から広がって、流れていって引力に引かれて落ちる、というような感じのブラシです。「ファイル」>「新規」>「Painter デフォルト」を開いてみましょう。これの方が分かるかもしれません。ちょっと暗めの色にして、ぱっと、「粒子ブラシ」>「引力のカオス」すごく繊細なので、同じ所を何度もクリックしていますがこういってこう落ちるというような、これが「粒子ブラシ」です。 「ウインドウ」>「名称未設定 5 」先程のファイルに戻ります。1つずつ見てみましょう。「フロー」これはこんな感じです。明るい色の方が、これはより効果的です。筆圧によって変わってきます。強くするとこうです。弱くすると、こういう感じに。「粒子」>「フロー(ファー」)次です、また色を変えましょう。これは「ファー」という、横向きにしかできないのですが、回転させてみましょう。この状態で「ファー」を使うと、これで横向きにこれでなかなか、動物の毛皮みたいなものを描こうと思うと縦にしたり、横にしたりを頻繁に繰り返さなければいけないのでちょっと難しいかもしれないのですが、毛並みみたいなものが表示されます。「重力ブリスル」というこれも、これの方が毛皮みたいなものが描きやすいです、実は。こう、筆跡に従ってたくさんの細い、ストロークができてくるので一番始めに毛皮みたいに描く時は濃いめの色をこうもう黒に近いようなもので構わないのでこう重ねておいて明るい色を重ねていくと毛皮っぽいような表現がまた、こうです。こんな風にしていくと、どんどん毛並みができていきます。はい、それから「ばね」というものがあるのですが、これはすごい幻想的なこれはレインボーの色が自動的に使われるのですがこんな感じです。 次々いきます。これは「シルクサワー」と言いますが「メインカラー」と「サブカラー」を使って描画しています。例えば「メインカラー」を変えてみますがこちら「サブカラー」です。「サブカラー」は、ではブルーにすると2つの色が混じり合って新しいイメージができた、という感じになると思います。「特殊効果」はたくさんあります。「カラーホースのジッター」これはもうこれしか使えないのですが、これしかというのは、これ植物の葉っぱなのですがもうそれしか使えないのですがこれも「描画色」と「背景色」それから「歪み」というのは、「ウインドウ」>「画面に合わせる」こんな風に、ストロークに従ってここがもう乾いていない、濡れた感じのそうですね、アクリル絵の具みたいなものだと思うといいと思います。おもしろいですね、歪ませていく。「フェアリーダスト」これもなかなか楽しいもので、こうですね、ティンカーベルが飛んだ軌跡みたいなものを描けます。まだまだたくさんあって、一個一個を説明していくと、とても時間が無くなってしまうのですが「破片」というもの、これは透明のガラスをばらまいたような感じです。光が屈折したような状態。それと「パターンペン」これはですね、この「 PainterEssentials 」の親である「 Painter 」その機能の一部をサービスとして付けてあるぐらいの感覚、このパターン、これバラの花ですがこれしかできません。 「パターン(ソフトエッジ)」そのパターンの描かれ方が少しずつ違っているという、「パターンペン(パターンペン)」それも使い方次第で色々なことができると思いますので、この特殊効果が与えられるペン、この辺も面白いと思いますので何か幻想的な世界を作り出したい時は使ってみるといいと思います。赤にすれば良かったですね。このレッスンでは、特殊効果と粒子、パターンペンを楽しんでみました。

Painter Essentials 5 & ワコムペンタブレット入門

Painter Essentialsはデジタルアートの入門ソフトとして定評のあるペイントソフトです。鉛筆やペン、油彩やアクリルなど数多くのブラシが使え、またペンタブレットでより自由に絵を描くことができます。このコースではデジタルペイントが初めての方を対象に、ワコムのペンタブレットとPainter Essentials 5 の基本的な使い方を学びます。

2時間55分 (41 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月24日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。