はじめてのHTML&CSS入門

HTML5で登場したタグ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタンダードになりつつあるHTML5の概要、新しく登場したタグ、アウトラインの概念を学びましょう。
講師:
03:33

字幕

このレッスンではHTML5 で登場した新しいタグについて学びます。それでは、chapter 2 lesson 11 のファイルを開いてサブライムテキストで表示してみます。既にサイトのコンテンツが入っていますのでこのコンテンツのセクション分けをしていきましょう。まずこのトラベルガイドからサイトのナビゲーションのエリアこのエリアを header としてマークアップしたいと思います。HTML5 では、header タグという新しいタグが加わりましたのでheader と入力をします。そして、ナビゲーションの終了地点で終了の </header を入力します。そして、このナビゲーションのエリアも新しい navi タグというのが登場しましたので<nav の開始タグとnavi の終了で </navとしてナビゲーションの意味づけをしてあげます。今まで使っていた div に id で名前を付ける手法も今まで通り使えますが明確にそのセクションが意味を持っている場合例えば、 header という意味ナビゲーションという意味を持っている場合新しいタグを積極的に使っていきましょう。それでは、メインの部分のセクション分けをしていきます。 メインの部分は、section というタグを使ってセクション分けを行うことができます。では、section タグというものを入力します。そして、大まかにコンテンツのエリアメインのコンテンツを「便利なリンク集」というところまでで終わるという風にセクション分けしたいと思いますのでこの位置に閉じの</section を入力します。そして、実はひとつひとつセクションをもっと細分化して指定することもできます。まず、「旅行情報を調べる」というセクションそして、「情報を収集する」のセクションそして、「便利なリンク集」のセクションです。このように見出しと1つのセクションを設定する事でより明確にサイトの構造を設計することができます。そして、最後にサイトの下部のフッターも明確にセクション分けをしておきましょう。footer タグというタグでマークアップをしましてエリア分けが完了しました。もちろんコメントアウトなどで分かりやすくマークアップすることも可能です。このコースでは HTML5 で登場した新しいタグによるマークアップをご紹介しました。

はじめてのHTML&CSS入門

Webデザインの基本はHTMLとCSSにあると言っても過言ではありません。ブラウザにそのページの論理構造を正しく伝えるためのHTMLと、そのページをいかに見せるかを設定するCSSの二本柱をきちんと理解する必要があります。このコースでは前半でHTMLとCSSの基本を学んだのち、後半ではCSSの実際の応用の仕方や各種ツールの使い方などについて学びます。

3時間35分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。