はじめてのHTML&CSS入門

CSSを書く準備

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストエディタ、ブラウザを準備して、CSSの記述と確認をしましょう。
講師:
02:58

字幕

このレッスンではCSS の書き方そして CSS を確認するための準備を行っていきます。それでは、chapter 3 lesson 1 のファイルをSublime Text で開きましょう。ファイルを開きますと、この様にHTML のコンテンツが入っています。CSS は実は、HTML に直接記述することが可能です。この様にタイトルのタグの下に改行を入れてstyle タグというものを入力していきましょう。予め閉じのスラッシュの方で</style タグを閉じておきます。そして、style タグで囲まれたエリアにスタイルシートを書くことができます。まず、h1 そして新しく登場した{} (波括弧)を記述してEnter そしてcolor という単語を打って: そして、好みで半角スペースを打ちます。この半角スペースはコードを見やすくするために置いているものなのでお好みで大丈夫です。そして、ここに red ですねこちらを記入します。そして、上書き保存をしましょう。Mac は、Command+SWindows は、Ctrl+S です。そして、このファイルをブラウザで確認したいと思いますので右クリックから「Open in Browser」 をクリックしてみましょう。 そうしますと、今までは全て白黒だった世界に色つきの文字が登場しました。このようにスタイルシートは色を制御することができますがまずは、Sublime Text の書き方に注目しましょう。今回は、h1 というものに対してcolor という命令を出してどのようにを red と指定しました。CSS では、この h1 に当たるところをセレクターcolor という命令をプロパティそして : の後ろ側を値バリューといったりします。このように、どの場所をどのような命令でどのくらい変化させるかということの繰り返しで装飾を行っていきますのでしっかり押さえておくようにしましょう。このコースでは、CSS を書く準備そして、CSS のルールについて学びました。

はじめてのHTML&CSS入門

Webデザインの基本はHTMLとCSSにあると言っても過言ではありません。ブラウザにそのページの論理構造を正しく伝えるためのHTMLと、そのページをいかに見せるかを設定するCSSの二本柱をきちんと理解する必要があります。このコースでは前半でHTMLとCSSの基本を学んだのち、後半ではCSSの実際の応用の仕方や各種ツールの使い方などについて学びます。

3時間35分 (38 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年03月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。