Word 2016 入門

Word 2016の画面構成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Word 2016 の画面の構成要素について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率が向上します。このレッスンは重要です。
06:58

字幕

このレッスンでは Word 2016 の画面構成について解説します。画面の構成要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率がより向上するでしょう。Word で文章編集中の画面が表示されています。ではこれから Word の画面構成を見ていきましょう。画面上部の青い細長の領域をタイトルバーといいます。タイトルバーには使用しているアプリケーション名と開いているファイル名が表示されます。タイトルバーの右にはウィンドウを操作する閉じるボタンや元に戻すボタン、最小化ボタンなどが用意されています。また、左にはクィックアクセスツールバーという普段よく使用するコマンドのボタンを配置しておくことができる領域が用意されています。続いて、その下の少し幅広の横長の領域に注目しましょう。こちらをリボンといいます。リボンは Word で実行するコマンドが機能ごとに分類され、各タブに配置されています。タブ見出しをクリックすると、タブを切り替えて表示することができます。操作の内容に合わせてタブを切り替えて使っていきましょう。通常はホームタブを選択しておきましょう。ホームタブには普段よく使うコマンドのボタンが配置されています。 また、それぞれのタブはグループで構成されています。例えばホームタブはフォントグループ、段落グループ、スタイルグループなどで構成されていますね。各グループの右下にはダイアログ起動ツールという小さいボタンが用意されています。こちらをクリックすると、グループに対応するダイアログボックスを表示することができ、ボタンからでは実行できない詳細設定を行ったり、グループ内のコマンドをまとめて設定することも可能です。また、リボンのタブには必要な場合にだけ表示されるタブがあります。例えば表を編集しようとして表内にカーソルを移動します。すると、リボンに変化が表れました。表ツールのデザインタブとレイアウトタブが表示されます。このデザインタブやレイアウトタブを使って表を編集することができます。このように、状況に合わせて必要な場合にだけ表示されるタブをコンテキストタブと呼んでいます。今、表内にカーソルがあるので表を編集しようとしているとWord が自動的に認識し、表ツールのデザインタブとレイアウトタブが表示されるわけです。コンテキストタブは操作の対象の選択を解除すると、自動的に非表示となります。その他にも、図形を選択すると描画ツールの書式タブが表示されます。 このような仕組みになっていますので、操作の対象を選択するのを忘れないようにしましょう。また、リボンは折りたたんで表示することができます。リボン右下の「リボンを折りたたむ」というボタンをクリックするとリボンが折りたたまれますので、編集領域を広くして使うことができます。リボンを折りたたんでいる場合には各タブ見出しをクリックすると、該当するタブが表示されます。通常の固定状態に戻すにはリボン右下の先程折りたたんだボタンがリボンの固定ボタンに変化していますので、リボンの固定ボタンをクリックすることで通常の固定状態に戻すことができます。リボンの一番左端にあるファイルタブをクリックすると、ファイルに関する情報やファイルを操作するためのコマンドの一覧が表示されます。こちらをバックステージビューと呼んでいます。バックステージビューを閉じるにはバックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。これでバックステージビューを閉じて編集画面に戻ることができます。では続いて、その他のインターフェイスを見ていきましょう。画面の大部分を占める、実際に文章を作成するための領域を文章ウィンドウと呼んでいます。文書ウィンドウの右には画面の見えていない部分を表示するためのスクロールバーが用意されています。 下向き三角をクリックするか下向き三角を押さえたままにすると下に、上向き三角をクリックするか、上向き三角を押さえたままにすると、上にスクロールすることができます。また、スクロールボックスをドラッグして画面を素早くスクロールすることも可能です。縦長の文章を編集中は垂直スクロールバーが、横長の文章を編集している時には横方向にスクロールするための水平スクロールバーが画面の下に表示されます。では続いて、画面一番下の細長い領域に注目しましょう。こちらをステータスバーと呼んでいます。ステータスバーには文書の情報が表示されます。何ページあるか、何文字あるかなど表示されていますね。また、ステータスバー上を右クリックすると、ステータスバーに表示する情報を切り替えることができます。例えば、行番号は今表示されていません。行番号をクリックしてチェックを付けると、ステータスバーに行番号を表示することができます。カーソルのある位置が何行目であるかを確認することができて、分かり易いですね。ステータスバー右にはズームスライダーが用意されています。拡大ボタンをクリックして拡大し、細かい所を編集したり、縮小ボタンをクリックして縮小することで全体のバランスを確認することもできます。 また、右にある何パーセントという所をクリックすると、ズームのダイアログボックスを表示することができ、こちらで、数字で倍率を指定することなどが可能になっています。また、ズームスライダーの左には画面の表示モードを切り替える3つのボタンが用意されています。通常は印刷レイアウトモードになっています。印刷レイアウトモードとは印刷結果を確認しながら編集できるモードです。「印刷したらどのようになるかな」と確かめながら編集することができますね。印刷レイアウトモード以外に、左のボタン「閲覧モード」をクリックすると、画面上で文章が読みやすくなります。右や左にはページを切り替えるナビゲーションが表示されるので右向き三角や左向き三角をクリックして、画面を切り替えて文章を閲覧することができます。また、右にある「ウェブレイアウト」という表示に切り替えると、ウェブブラウザでの表示を確認しながら文書を編集することも可能です。通常の文書作成では印刷レイアウトモードで使っていきましょう。印刷レイアウトをクリックしておきます。このレッスンではWord の画面構成について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。