Word 2016 入門

文書を保存する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の保存について解説します。作成・編集した文書はファイルとして保存します。「名前を付けて保存」「上書き保存」に加えて旧バージョンのWord形式での保存方法も紹介します。
03:13

字幕

このレッスンでは文書の保存について解説します。名前を付けて保存、上書き保存に加えて、旧バージョンの Word 形式で保存する方法についても紹介します。Word で文書が作成されています。では、名前を付けて保存の操作から見ていきましょう。新規で作成した文書に名前を付けて保存する場合や、既存の文書に別の名前を付けて新しい文書とする場合には「名前を付けて保存」を実行します。では見ていきましょう。ファイルタブをクリックします。左のメニューから「名前を付けて保存」をクリックします。バックステージビューには名前を付けて保存の画面が表示されました。左の一覧から「参照」をクリックします。名前を付けて保存のダイアログボックスが表示されました。では保存先を指定し、ファイル名を入力しますので、ファイル名のボックスにクリックでカーソルを移動します。では今回は「インテリアフェア」としておくのでキーボードから文字を入力します。ファイル名を入力したら下にある保存ボタンをクリックすると、保存を実行することができます。では保存ボタンをクリックします。これで、作成した文書に名前を付けて保存することができました。タイトルバーにはファイル名が表示されるので、保存をした後はタイトルバーを確認するようにしましょう。 「インテリアフェア」と表示されていますね。では続いて、上書き保存の操作を見ていきましょう。既存の文書を変更し、最新の状態に更新するには上書き保存を実行します。では、日付を変更してみます。19日を18に変更しました。このように手直しをした後、最新の状態に更新する際には上書き保存です。ファイルタブをクリックします。「上書き保存」をクリックします。これで上書き保存を実行することができ、最新の状態に更新することができました。また、上書き保存はクィックアクセスツールバーの一番左端、上書き保存のボタンをクリックして実行することもできます。では続いて、旧バージョンの Word 形式での保存を見ていきましょう。旧バージョンの形式で保存するには「名前を付けて保存」のダイアログボックスを使います。ファイルタブをクリックします。「名前を付けて保存」をクリックします。「参照」をクリックして、名前を付けて保存のダイアログボックスを表示します。ここで注目するのは下の方の「ファイルの種類」です。ファイルの種類の下向き三角をクリックすると、保存するファイルの形式を変更することができます。では一覧の中から、「Word 97-2003 文書」をクリックします。 これで、以前のバージョンの Word 形式で保存することができます。確認できましたらキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは名前を付けて保存や上書き保存などの文書の保存について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。