Word 2016 入門

文字数・行数を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字数・行数の変更について解説します。1行の文字数や1ページの行数を調整することで文章をバランスよくレイアウトすることができます。
03:09

字幕

このレッスンでは文字数と行数の変更について解説します。1行の文字数や1ページの行数を調整することで、文書をバランスよくレイアウトすることができます。使用するファイルはPage Layout です。案内状が作成されています。下にスクロールして確認してみましょう。文書の下の方に広く空欄が残ってしまって、少し気になります。印刷プレビューも見てみましょう。ファイルタブをクリックします。「印刷」をクリックします。印刷プレビューで確認しても、やはり下にある空欄が気になって、文書全体が上に詰まったように感じます。そこで、行数を変更することでレイアウトをバランスよく設定することができますバックステージビューを閉じます。編集画面に戻りました。ではこれから、行数を減らして1行1行の行間を広げることにより、綺麗なレイアウトを取ることができるので見ていきましょう。レイアウトタブをクリックします。ページ設定グループのダイアログ起動ツールをクリックし、ページ設定のダイアログボックスの文字数と行数タブを表示します。行数が、今40行になっていますので行数を減らしていきましょう。では今回は32行に設定してみますので、行数のボックスには32と指定します。 OK ボタンをクリックして、これで行数を減らすことができ、1行1行の行間が少しずつ広がりました。下の方を見て確認していきましょう。先程まではあった空欄がなくなり、バランスの良いレイアウトをとることができましたね。このように、ページ設定のダイアログボックスの文字数と行数タブで行数を変更することができます。文書が完成した後は全体のバランスを確認し、必要に応じて行数を調整することをお勧めします。但し、あまり行数を減らしすぎると、例えば行数を28にしてみます。すると、このように2ページにはみ出してしまう場合があるので注意が必要です。行数は減らしすぎないようにしましょう。では行数は32にしておきます。また、文字数と行数タブでは文字数の変更も可能です。「文字数と行数を指定する」のオプションを付け替えることで1行に収まる文字数も調整することができます。また、上の方には文字方向を変更するためのコントロールも用意されています。初期設定では横書きですが、縦書きにオプションを付け替えることでこのような縦書きの文書を作成することもできます。このレッスンでは1ページに収まる行数の変更や1行に収める文字数の変更について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。