Word 2016 入門

文字単位や行単位で編集する範囲を選択する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集する範囲を選択する方法について解説します。文書を編集するには編集の対象となる部分を「範囲選択」してからコマンドを実行します。効果的な「範囲選択」や注意点を知ることができます。
03:46

字幕

このレッスンでは文章を入力する際に必要となる新しい段落を作成する改段と段落内で強制改行する操作について解説します。また、新しいページを作成する改ページについても紹介します。使用するファイルはText のファイルです。入力されている文章を使って、まずは新しい段落を作成する改段の操作から見ていきましょう。1番下の段落を使うので画面を下にスクロールしておきます。まずは段落について見ていきましょう。段落記号から次の段落記号までを一段落といいます。この段落はキーボードの Enter キーを押すと作成することができます。ではこの段落は2行ありますね。1行目の途中で新しい段落に改段してみましょう。改段した位置にカーソルを移動します。では「素敵な」の前にカーソルを移動しましょう。キーボードの Enter キーを押します。これで、新しい段落を作成することができました。カーソルのあった位置には段落記号が表示されましたね。これで段落を2つに分けることができました。段落は書式設定の体位となります。よって、上の段落にカーソルを移動し、上の段落だけを右揃えして、例えば下の段落は中央揃えするといったようなことも可能です。 ちなみに、改段を取りやめたい場合には新しい段落の先頭にカーソルを移動し、Backspace キーをタイプすると、これで2つの段落を1つに戻すことができます。続いて、改行操作を見ていきましょう。段落は変えずに、行の途中で強制的に改行したい場合にはキーボードの Shift キーを押さえたまま、Enter キーを押します。やってみましょう。キーボードの Shift キーを押さえてEnter キーを押します。これで、改行することができました。改行位置には下向きの矢印が表示されます。この2行は1つの段落ですのでどちらかの行にカーソルを移動し、例えば右揃えをすると、2行とも右揃えになりますね。中央揃えや左揃いなども段落体で行われます。ちなみに、強制改行の解除も先程と同様に、新しい行の先頭にカーソルを移動し、Backspace キーを使って解除することができます。このように、新しい段落を作成する時はEnter キー、行の途中で強制的に改行だけしたい場合にはShift を押さえながらEnter キーを押しましょう。どちらが良いとか悪いというわけではありません。その目的に応じて使い分けをして行きましょう。 では次に、改ページについて簡単に紹介していきましょう。文章を入力していて1ページに収まらなくなると、自動的に2ページ目が表示されます。しかし、もし1ページ目の途中で強制的に新しいページを作成したいという場合には改ページが可能です。改ページを挿入したい位置にカーソルを移動し、キーボードの Ctrl キーを押さえたままEnter キーを押します。これで、新しいページを作成することができました。2ページ目が表示されましたね。改ページをした位置には改ページの記号を出しておくこともできます。ホームタブ段落グループの右上の「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックすると、改ページ位置には改ページを表す記号が表示されます。これは印刷には写りません。今使ったボタンをクリックするごとに、編集記号を画面に表示したり、非表示にしたりすることができます。ちなみに、改ページを解除するには改ページの編集記号を行単位で選択し、キーボードの Delete キーをタイプします。これで改ページを解除し、1ページに戻すことができました。文章の入力時に使用するキー操作についてまとめました。Enter キーで改段し、新しい段落を作成することができます。 Shift+Enter で同一段落内で強制的に改行することができます。また、Ctrl+Enter で改ページをして新しいページを作成することができます。このレッスンでは文章の入力に関するキー操作について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。