Word 2016 入門

文章を改段する・改行する・改ページする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文章を入力する際に必要となる新しい段落の作成と段落内で強制改行する方法について解説します。また、新しいページを作成する改ページについても紹介します。
04:34

字幕

このレッスンでは文字列の入力や削除について解説します。また、文字列をコピーして貼り付けたり、文字入力時の挿入モードと上書きモードの切り替えについても解説します。使用するファイルはText のファイルです。まずは、文字を入力する操作から見ていきましょう。これから、3行目の「代理店」の右に「各位」という継承を入力します。入力位置にカーソルを移動します。キーボードから文字を入力します。これで、文字を追加することができました。このように、文字はカーソルのある位置に挿入されますので、カーソル位置がとても重要です。カーソルはマウスでクリックするか、方向キーを使って移動することができます。続いて、文字の削除を見ていきましょう。文字を削除するにはBackspace キーやDelete キーを使います。カーソルのある左を削除するのがBackspaceカーソルの右を削除するのがDelete です。現在「各位」の右にカーソルがあります。ここで Backspace キーを押すと、先程入力した文字を1文字ずつ削除することができます。このように、カーソルのある左を削除するのがBackspace です。もし右を削除したければ、Delete キーをタイプしましょう。 ここで1つ機能を紹介します。今、各位と入力した文字を削除しました。「やっぱり各位という文字が欲しかった」という場合にはクイックアクセスツールバーの「元に戻す」というボタンをクリックすると、直前に行った操作を取り消して元に戻すことができます。また、元に戻すボタンの右にあるのがやり直しボタンで、やり直しボタンをクリックすると、元に戻した操作をもう一度やり直すこともできます。このようなボタンも用意されていますので必要に応じて活用していきましょう。では続いて、文字列をコピーして貼り付ける操作を見ていきましょう。操作の対象とするのが本文の3行目です。さて、「このたび」の次にカギかっこが入力されています。このカギかっこの内側に「インテリアフェア」という文字を入力したいです。そこで、カーソルを移動し、キーボードから「インテリアフェア」と入力してもよいのですがすぐ上にインテリアフェアという文字がありますから、「この文字をコピーしてきて貼り付ける」という操作をしてみましょう。まずはコピーしたい文字を文字単位で選択します。続いてホームタブ、クリップボードグループのコピーボタンをクリックします。これで、選択されている範囲の情報をコピーすることができます。 続いて貼り付け先にカーソルを移動しましょう。先程確認した括弧内にカーソルを移動します。クリップボードグループの貼り付けボタンをクリックします。これで、インテリアフェアという文字をコピーして貼り付けることができました。ホームタブのクリップボードグループにはデータをコピーするボタンや貼り付けボタンが用意されています。また、データを切り取って移動したいときにはハサミの形をした切り取りボタンを使うとよいでしょう。このようなボタンを使うことで作業効率もアップしますね。続いて、文字入力時の挿入モードと上書きモードの違いについて見ていきましょう。Word では初期設定で挿入モードが選択されています。よって、文字はカーソルのある位置に挿入されてきます。例えば、「ご案内」の前にカーソルを移動し、ここに「お知らせ」と入力すると、カーソルのある位置に「お知らせ」という文字が挿入されましたね。これが挿入モードです。上書きモードに変更すると、カーソルのある位置から右にある文字が上書きされてデータを入力することができます。上書きモードに切り替えるにはキーボードの Insert キーをタイプします。その様子がよくわかるように、ステータスバーに情報を出しておきます。 ステータスバー上を右クリックします。上書きモードをクリックしましょう。こうすると、現在の入力モードをステータスバーに確認することができます。「挿入モード」と表示されていますね。現在は先程確認した挿入モードです。では、キーボードの Insert キーをタイプして、上書きモードに切り替えます。ステータスバーの表示も「上書きモード」になりましたね。ではカーソルのある位置に「お知らせ」と入力します。すると、先程とは違って元々入力されていた文字は削除されていて「お知らせ」に上書きされました。これが上書きモードです。このように、キーボードのInsert キーをタイプするだけで上書きモードと挿入モードが切り替わりますので必要に応じて活用していきましょう。ステータスバー上に情報を表示しておくこと事で上書きか挿入か分かり易くなります。Insert キーをタイプするごとに挿入モードと上書きモードをこのように切り替えることができます。通常は挿入モードにしておきましょう。文字の入力に関するキー操作をまとめましたので、見ておきましょう。Backspace キーを使うとカーソルの左の文字を、Delete キーを使うとカーソルの右の文字を削除することができます。 また、Insert キーを使うことで挿入モードと上書きモードを切り替えることができます。このレッスンでは文字の入力について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。