Word 2016 入門

文字の色を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文字の色「フォントの色」の変更について解説します。フォントの色を変更することで文書内の特定の文字列を目立たせることができます。
02:22

字幕

このレッスンでは文字の色の変更について解説します。使用するファイルはFont Format_3 です。案内状が作成されています。では、文字の色の変更操作を見ていきましょう。文字の色の事をフォントの色といい、ホームタブフォントグループのフォントの色ボタンを使って設定します。フォントの色を変更することで文書内の特定の文字を目立たせることができます。ではこれから、8行目のインテリアフェア開催のご案内」の文字の色を変えていきましょう。8行目を行単位で選択します。フォントの色ボタンの下向き三角をクリックすると、カラーパレットが表示されます。パレット上の色にマウスポインタをポイントすると、リアルタイムでプレビュー表示されますので結果を確認しながら色を選んでいくことができます。では任意の色をクリックしましょう。これで、フォントの色を変更することができました。特定の文字を強調することができますね。ちなみに、フォントの色を解除するには解除したい範囲を選択し、フォントの色ボタンの下向き三角をクリックします。1番上の「自動」をクリックしましょう。これでフォントの色を解除し、元の黒色系の色に戻すことができます。 では、もう一度色を付けておきますので範囲選択し、フォントの色ボタンの下向き三角をクリックします。カラーパレットに表示されている色以外に、下の方には「その他の色」という項目があるので、こちらをクリックすると、色の設定のダイアログボックスを使って標準タブやユーザー設定でお好きな色を指定することも可能です。色をクリックで選択し、OK ボタンをクリックすると、その選択した色でフォントの色を変えることができます。また、フォントの色はフォントグループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される、フォントのダイアログボックスを使って指定することもできます。フォントの色の下向き三角をクリックし、カラーパレットの中から任意の色をクリックで選択します。また、このダイアログボックスを使うと、本当の色以外のその他の文字書式をまとめて設定することもできます。OK ボタンをクリックすると、選択した色でフォントの色が変更されました。このレッスンでは文字の色を変更するフォントの色の設定について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。