Word 2016 入門

文字スタイルを設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または

太字や斜体の文字スタイル「フォントスタイル」の設定について解説します。フォントスタイルを適用することで文書内の特定の文字列を強調することができます。

04:51

字幕

このレッスンでは太字や斜体などの文字スタイルの設定について解説します。使用するファイルはFont Format_4 です。案内状が作成されています。では、文字スタイルの設定操作を見ていきましょう。文字スタイルの事をフォントスタイルといい、ホームタブフォントグループの「太字」、「斜体」などのボタンを使って設定します。フォントスタイルを設定することで特定の文字を強調することができます。ではこれから、本文内の特定の文字に太字を設定し、強調してみましょう。太字を設定したい文字列をドラッグで選択します。太字ボタンをクリックします。これで、選択した文字を太字に設定することができました。文字が強調されましたね。ちなみに太字を解除するには解除したい範囲を選択し、先程設定する時に使ったボタンに色がついています。このように、設定後はボタンに色が付くようになっていますので、もう一度ボタンをクリックすると、これで太字を解除することができます。ちなみに、太字の右にあるのが斜体ボタンです。斜体ボタンをクリックして斜体を設定すると、文字が斜めに配置されました。斜体のボタンをもう一度クリックすることで、斜体を解除することができます。 では、「インテリアフェア」という文字は太字に設定しておきます。太字は Bold の頭文字を取って Bそして、斜体は Italic の頭文字を取ってI という表記になっています。斜体の右にあるのが下線のボタンです。文字に下線を引くことができますので見てみましょう。では、1番下の段落を対象としますので、画面を下にスクロールします。1番最後の行を行単位で選択します。こちらに、二重下線を引いてっみましょう。下線は右に下向き三角が用意されていますので下向き三角をクリックし、上から2つ目の二重下線をクリックします。これで、選択範囲に二重下線を引くことができました。解除する場合も解除したい範囲を選択し、今度は下線のボタンそのものをクリックします。U と書かれているボタンをクリックする事で解除することができます。では、もう一度二重下線を引いておきます。また、下線には色を付けることができます。今は文字と同じ黒色系の下線が引かれていますが、下線の下向き三角を更にクリックし、1番下の「下線の色」にポイントします。すると、カラーパレットが表示されますので、ここで任意の色をクリックすることで色の付いた下線を引くこともできます。 下線を引くことで、より文字を強調することができますね。太字や斜体、下線のボタン以外にフォントグループには様々な文字書式を設定するボタンを用意されています。簡単にいくつか紹介しておきましょう。下線のボタンから右に2ついったところにあるのが下付き、そしてその右が上付きというボタンです。こちらを使うと、文字を小さくして上や下につけることができます。少し使ってみましょう。では箇条書きの項目の2項目目の米印から後ろ、ドラッグで選択します。この文字列を上付きにしてみます。先程確認した上付きのボタンをクリックすると、選択した文字が小さくなって上に配置されましたね。ちなみに下付きを使うと、文字が小さくなって下につくようになります。その他にも、取り消し線を引いたり、網かけや囲み線を付けるようなボタンも用意されています。取り消し線を設定すると、文字に取り消し線、このように付きますね。網かけを設定すると、文字に網をかけることができます。囲み線を使うと、文字を囲むこともできます。それぞれボタンをクリックすることで、設定と解除を切り替えることができます。また、フォントグループの上の段の右から3つ目に用意されている、「すべての書式をクリア」というボタン、こちらをクリックすると、範囲選択内に設定してある書式をすべて解除することもできますので覚えておくと良いでしょう。 では元に戻すをクリックして、元に戻しておきます。また、フォントグループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される、フォントのダイアログボックスを使ってスタイル、それから文字飾りなどの設定をまとめて行うことも可能です。確認できましたらキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンではフォントスタイルを設定し、特定の文字を強調する方法について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。