Word 2016 入門

インデントを設定して文字列を配置する幅を調整する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
インデントの設定について解説します。インデントとは文書内の特定の段落を対象に文字列を配置する幅を調整する機能です。インデントを設定すると文書にメリハリをつけることができます。
06:29

字幕

このレッスンではインデントの設定について解説します。インデントとは文書内の特定の段落の幅を調整する機能です。では始めに、インデント設定に使用するツールと設定されるインデントの種類について学習しておきましょう。インデントを設定するにはルーラーというツールを使います。ルーラーは初期設定では表示されていませんので、表示タブをクリックして、表示グループのルーラーにチェックを付けてルーラーを表示します。リボンのすぐ下に、横長の物差しのようなツールが表示されました。これがルーラーです。ルーラーの左や右には小さい三角や四角が表示されています。これをインデントマーカーといいます。このインデントマーカーをドラッグすることで、段落の配置の幅を変更し、レイアウトを整えることができます。では、ルーラーの各部の名称を確認するために、画面をスライドに切り替えます。ではこちらを使って、後ほど操作に使用するルーラーの各部の名称をしっかりと確認していきましょう。全体をルーラーといいます。ルーラーの左には段落の左のインデントを設定するためのインデントマーカーが用意されています。左のインデントマーカーは3つに分かれています。 下から左インデント、そしてぶら下げインデント、1行目のインデントというツールです。1番下の左インデントは左の段落全体を調整することができ、真ん中のぶら下げインデントは段落の2行目以降を調整することができます。また、1番上の1行目のインデントは段落の先頭行を調整することができるインデントマーカーです。続いて右には右インデントいう、段落の右を調整するためのインデントマーカーが用意されています。では、ルーラーの各部の名称が確認できましたので、Word の画面に戻って操作していきましょう。まずは左インデントを使って、段落の左を調整していきましょう。調整したい段落内にカーソルを移動します。インデントは段落書式ですから、対象となる段落内にカーソルがあれば設定できます。先程確認したインデントマーカーの左インデントにマウスポインタをポイントし、右に向かってドラッグします。すると、ドラッグした分だけインデントが設定されましたね。左の全体の幅が調整されました。これが左インデントです。続いて、1行目のインデントを使ってみましょう。1行目のインデントは段落の左の先頭行のみを調整することができます。ここに、3段落あります。 では3つの段落をドラッグで範囲選択し、1行目のインデントにマウスポインタをポイントします。右に向かってドラッグしましょう。すると、選択した段落、3段落とも先頭行だけが1行目のインデントがかかりましたね。このように、1行目のインデントは各段落の先頭行のみを設定することができます。続いて、ぶら下げインデントを見ていきましょう。ぶら下げインデントは段落の左の2行目以降を調整することができます。では段落内にカーソルを移動し、ぶら下げインデントにマウスポインタをポイントします。ぶら下げインデントと表示されましたら、右に向かってドラッグします。このように、選択した段落の2行目以降だけをインデントを設定することができます。では最後は、右インデントを使って段落の右を調整してみましょう。段落内にカーソルを移動します。右インデントにマウスポインタをポイントし、左に向かってドラッグします。これで段落の右を、幅を調整することができました。サンプル文書を使って、それぞれのインデントの設定方法が確認できましたので、続いて実際のビジネス文書を使ってインデントを設定してみましょう。使用するファイルはParagraph Format_2 です。 案内状が作成されています。箇条書きの項目に注目しましょう。左に寄っているように感じます。そこで、段落を選択し中央揃えしてみます。中央揃えすると各段落ごとに中央に配置されるために、行の先頭がそろってきません。これでは美しいレイアウトとはいえないですね。そこで、先程学習した左インデントを使うと、行の先頭を揃えたまま、左の幅を調整することができます。では見ていきましょう。3段落が選択されていることを確認し、ルーラーの左インデントにマウスポインタをポイントします。右に向かってドラッグし、約8文字分のところでマウスを離しましょう。ルーラー上の数値は約何文字分という目安です。これで、左インデントを設定することができました。美しいレイアウトをとることができますね。インデントを設定した位置にカーソルを移動すると、インデントマーカーもその設定した位置に表示されます。よって、インデントを設定しているかどうかはカーソルを移動し、ルーラー上のインデントマーカーで確認するとよいでしょう。ちなみに、解除するには解除したい範囲を選択し、インデントマーカーを元の位置戻せばよいです。これで解除することができます。また、インデントは段落グループの上の段に用意されています、「インデントを増やす」というボタンや、減らすというボタンをクリックして、1文字ずつ設定することもできます。 更に、段落グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示されます、段落のダイアログボックスのインデントと行間隔のインデントの項目で左や右のインデント、それから最初の行では下向き三角をクリックし、字下げやぶら下げを選択することができます。字下げを選択すると1行目のインデントが、ぶら下げを選択すると2行目以降のインデントを右の幅のボックスで指定することができます。では左インデントを8文字分で設定してみますので、左のボックスに8と入力します。このダイアログボックスではインデント以外のその他の段落書式をまとめて設定することもできます。では下にある OK ボタンをクリックして確認しましょう。選択した範囲に8文字分のインデントをかけることができました。このレッスンではインデント設定について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。