Word 2016 入門

行や段落の間隔を変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行間や段落間隔の変更について解説します。文書内の特定の行や段落の間隔を適切に調整することで文章が読みやすくなります。
03:28

字幕

このレッスンでは行間と段落間隔の変更について解説します。使用するファイルはParagraph Format_4 です。案内状が作成されています。画面をスクロールして全体を確認していきましょう。今のところ行の間隔は一定です。本文はこれで読みやすいと思いますが、箇条書きはというと、少し窮屈に感じます。そこで、箇条書きの範囲だけ行の間隔を広げてみましょう。使用するツールを確認します。段落グループの行間ボタンを使うと、行や段落の間隔を調整することができます。行間を変更したい範囲を選択します。行間ボタンをクリックします。2.0 をクリックします。これで、行間を広げて見やすくすることができました。ちなみに、解除をするには解除したい範囲を選択し、行間ボタンをクリックしたら1.0 をクリックします。これで、元の行間に戻すことができます。ではもう一度行間は2.0 を選択しておきます。このように、文書内の特定の範囲だけ行の間隔を調整したいという時に行間ボタンを使うとよいでしょう。もし文書全体の行間を変更したいというのであれば、ページ設定で行数を調整していきましょう。少し見ておきましょう。レイアウトタブをクリックします。 ページ設定グループのダイアログ起動ツールをクリックし、ページ設定のダイアログボックスを表示します。文字数と行数タブの行数、こちらで、1ページに収まる行数を変更することができますので、行数を減らすことにより行の間隔が広く、行数を増やすことにより行の間隔を狭く設定することができます。文書全体の行間を調整したい場合にはこちらを使用するとよいでしょう。では今回はキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきます。タブはホームタブに戻っておきます。先程使った行間ボタンをクリックすると、下の方には段落前と後の間隔を追加する項目が用意されています。少し使ってみましょう。段落の間隔を変更したい範囲を選択します。今選択したところは2つの段落があります。行間ボタンをクリックします。ここで、「段落後に間隔を追加」、こちらをクリックすると、各段落の後に間隔が追加されます。解除するには行間ボタンをクリックし、「段落後の間隔を削除」こちらをクリックすると、解除して元に戻すことができます。このように、行間ボタンをクリックすると、段落の前や後の間隔を調整する項目も用意されていますので、必要に応じて活用していきましょう。 また、段落グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される、段落のダイアログボックスのインデントと行間隔の「間隔」というグループを使って段落前や後、それから行間の細かい設定を行うこともできます。このダイアログボックスでは間隔以外のインデントやその他の設定をまとめて行うことも可能です。確認できたらキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしていきましょう。このレッスンでは行間と段落の間隔を変更する方法について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。