Word 2016 入門

表に文字を入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
表に文字を入力する操作について解説します。キーボードやマウス操作によるカーソルの移動を理解することで、すばやく文字を入力することができます。
02:28

字幕

このレッスンでは表に文字を入力する操作について解説します。キーボードやマウス操作によるカーソルの移動を理解することで、素早く文字を入力することができます。では見ていきましょう。使用するファイルはTable_2 です。表内に文字を入力するためのカーソルの移動操作から見ていきましょう。カーソルはマウスでクリックした位置に表示することができます。表内のセルをクリックすると、そのクリックしたセルにカーソルを出すことができます。また、マウスでクリックする以外にキーボードを使って効率よくカーソルの移動が可能です。キーボードの Tab キーを押すと、次のセル、次のセルと表内のセルを効率よくカーソル移動ができます。但し、1番最後のセルにカーソルがあるときにTab キーを押すと、新しい行が出来上がりますので注意をしましょう。目的がそうでない場合には元に戻すボタンをクリックして新しい行は解除しておきます。また、Shift キーを押さえたままTab キーを押すと、前のセル、前のセルとカーソルの移動が可能です。その他にも、キーボードの矢印が表記されている方向キーを使って、1つ右のセルや下のセル、左のセルや上のセルと1つずつカーソルの移動も可能です。 但し、Enter キーでは下のセルにはいきません。Enter キーを押すと、同一セル内で新しい段落が作成されます。目的がそうでない場合にはBackspace キーを使って解除することができます。では以上のことを踏まえて、表内に効率よく文字を入力していきましょう。1つ目のセルにカーソルを表示します。ここには「日時」と入力します。文字を入力したら、Tab キーを押します。次のセルにカーソルが移動しました。ではこのセルには日時の内容を入力します。入力したら、Tab キーを押して次のセルにカーソルを移動し、では同様に、場所と問い合わせ情報も入力していきましょう。このように Tab キーを使って、効率よくカーソルを移動しながら文字を入力していくとよいでしょう。このレッスンでは表内に文字を入力する操作について解説しました。

Word 2016 入門

このコースではWord 2016を使って文書を作成するための基礎知識を学びます。文書の新規作成や保存、文字の入力・編集や印刷、文字や段落の書式設定、表や画像の挿入など、Wordで文書を作成するさいに覚えておけばすぐに使えるさまざまな機能やツールを紹介します。Word 2016を初めて使用する方や、文書作成に必要な基礎知識を学びたい方にぴったりのコースです。

1時間48分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。