Painter Essentials 5 で絵を描こう

弱いアウトラインを強くする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは少し弱いく感じられるアウトラインを強調します。
講師:
02:21

字幕

このレッスンでは、少し弱く思えてきたアウトラインを強調していきます。ブルーの色をまわりに塗ったせいもあるのですが、作っているうちに、何か線がやっぱり弱いなと思うことがあると思うんですね。そういう時の強調の仕方です。レイヤー1にアウトラインがあるので単純なことで、これを2つ、2枚重ねてしまってそして結合させて1枚のレイヤーにしていきます。まずは「選択」>「全て選択」全体が選択されている状態がこうです。絵全体を選択して、「編集」>「コピー」そして「編集」>「ペースト」します。ペーストしただけだと、やはりずれてしまいますので正確にペーストしていきましょう、「編集」>「正確にペースト」正確にペーストしただけだと結局2枚同じものが重なって白と黒の情報しかないので、同じものが2枚重なっているので全然変化がないです。この上に重ねたレイヤーですが、これを「デフォルト」>「乗算」にします。どうでしょうか、結構強調されたと思います。あとちょっと強すぎたなと思ったら、レイヤーの不透明度を調整するという方法もあります。だいたいこれぐらいでいいでしょう。強調したおかげで、ごみまで強調されてしまいました。このごみを消していこうと思います。 まず消す前に、この2枚のレイヤーをShift+クリックして選択、そして「レイヤーの結合」します。はいこの状態で、ここはざらっとした黒い点々、グレーの階調が入っているのでスタンプツールで、白で消してしまうと白く抜けてしまうのでスタンプツールの使い方ですが、Alt キーを押して、どこかクリックしてドラッグすれば、これでもうゴミがあるのでちょこちょこっとやってしまえます。かなりきれいになると思います。どうでしょう、うまくアウトラインが強調されてはっきした絵作りができたと思います。このレッスンでは、アウトラインの強調の仕方を学びました。

Painter Essentials 5 で絵を描こう

Paint Shop Pro は総合的な画像編集ソフトです。写真を整理・修整・合成するだけでなく、描画するのためのツールとしても使えます。このコースではPaintShop Proの基本的な使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。木版画のようなタッチや日本画のような淡い色彩、ゴッホの力強いタッチなどのさまざまな描画テクニックを紹介します。

1時間56分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年03月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。