Painter Essentials 5 で絵を描こう

フォトペイントのトレーシングペーパーを使ってアウトラインを描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンはフォトペイントのトレーシングペーパーを利用してアウトラインを描きます。
講師:
04:48

字幕

このレッスンは、フォトペイントのトレーシングペーパーを使ってアウトラインを描いていきます。まず「フォトペイント」です。「開いているイメージを使用」します。こういうものが出ますけれども、「保存」で構いませんのでそのまま保存して下さい。ここに表示されているのは、少し色が落ちていますけれどもあまり気にしないで下さい。「トレーシングペーパーを表示」させます。ブラシは「紙目鉛筆(塗潰し)」のようにアウトラインを描くのでちょっと強弱のある線がほしいと思いますので筆圧をうまく感知するブラシですねなおかつ細めの線が引けるものがいいです。色ですが、「ウインドウ」>「カラー」カラーを表示させて墨でいいのですが、少しグレーがかった方がいいと思います。真っ黒になるというのはアナログの中ではあまりないです。そして描きたい部分をまず、うんと大きく表示させてこのままキャンバスに描くのではなくて必ずレイヤーを作って描く、ということを心がけて下さい。では、このまま描いていきます、ブラシです。もやもやっとしていますが、これは今ソースイメージが来てしまっています。チェックを外します。こんな感じで描いていきます。短い線でもいいですし、それから長い線でもずっといってもいいのですができれば、細かい所は記憶するというつもりで描くといいです。 色々な描き方があると思うのですが結局、ものを描くというのは抽象でない限りは、抽象というのは本当に心象なので心の中の状態を描いていくのですが具象の場合は特に元の形の状態というものを自分の記憶に焼き付けるということが一番大切なのです。何か見たつもりになって見ていないという、要するに、何かキャラクターを覚えていても例えば、アニメのキャラクターそれを描くことができません。そのキャラクター自体は知っていますが描くことはできません。通常はですね。もちろん、そういうものを得意の人もいるんですが。それは何かというと、そのキャラクターの印象を見ているだけで細かい所まではちゃんと記憶していないおおまかな全体の印象を見ているだけなのです。今ここで描いているのは、この顔顔自体がどうなっているのかを記憶しています。描くということで記憶していっています。例えば、目のくぼんだ所ですねこういう所ですね。あまり塗り潰す必要はないのですが全体のこう、ちょっとここで上を向いた所から口元が下を向いてきているのでそれから毛の流れとか、そういうものを見ていっています。はい次は、毛並みまでいっています。肩、毛並みが柔らかいですから柔らかい、というつもりで描いてみましょう。 はい、だいぶ描けてきました。いい感じですね。毛先とかをちょっと踊らしてあげたりするといいと思います。時々、トレーシングペーパーを外して自分が描いたものを確認する、全体を確認する、ということをするといいと思います。こんな感じです。ちょっとこの辺はごちゃっとうるさく描きすぎてしまいました。そういう時は消しゴムをうんと大きくしておいて、不透明度はうんと下げておいてそれで薄くするという感覚でこうすると、立体感も出てきますのでいいと思います。はい、いかがでしょうか。このレッスンでは、フォトペイントのトレーシングペーパーを使ってアウトラインを描く方法を見て頂きました。

Painter Essentials 5 で絵を描こう

Paint Shop Pro は総合的な画像編集ソフトです。写真を整理・修整・合成するだけでなく、描画するのためのツールとしても使えます。このコースではPaintShop Proの基本的な使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。木版画のようなタッチや日本画のような淡い色彩、ゴッホの力強いタッチなどのさまざまな描画テクニックを紹介します。

1時間56分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年03月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。