Painter Essentials 5 で絵を描こう

ブラシを変更して細部を描く/効果を使ってパステルの色を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではブラシを変更して細部を描き効果を使ってパステル色を強調します。
講師:
07:29

字幕

このレッスンでは、ブラシを変更して細部を描いていきます。また効果を使って、パステル色を強調します。さて、だいぶ細かくなったのですが次は先細のものがいいですね。先細、先細、チョークというものがありますけれどもそれから「先細チョーク(大)」というものがあります。それから「先細パステル」、ここでは「先細チョーク(大)」を使っていきましょう。そしてソースも必要ないのでオリジナルで、この画面の中から「スポイト」を使って、選んでチョークで描画をする。少し太めです。筆圧を上手く使うといいですね、こんなふうに。そんなに立派に、ぴしっと描こうと思わなくても少し荒い感じで大丈夫です。ペンのサイドスイッチに登録してある人は、もうそのまま特に、顔の部分この辺の顔の部分を少し、見ながらほんのちょっとこう入れてあげるだけで、だいぶ表情が変わってきますので目のところ、ちょっといきましょう。目のところです。目のところはチョークにして暗い、この辺の色を拾ってもうちょっと細くしてもいいです。特に、目の上側下は、あまりいじらない方がいいです。上側をいじってあげると、かわいさが増します。特に、女性の顔を描く時なども上をちょっと濃くしてあげてトレーシングペーパー、見てみましょうか。 鼻をちょっと見たのですが、ここです。鼻のところは、あまり黒くしてしまうとかわいくなくなってしまうのでこの辺の「色相」も少し明るくしてそれから口元というのも、大切です。ちょっと色があるので少し引き締めてあげてこうですね、口元もきゅっと閉まる感じでこの辺は流れていますけれど、それはそのままでいいと思います。それで、この辺ですねちょっと明るい色を入れてあげる。太めにして、さらっと光を入れる。耳があります、耳はそのままこういう感じで髪の毛は、こういう感じで少し内側は色を明度を落としておいてあげる、どうでしょうか。他の部分は意外に、大丈夫だと思います。意外に大丈夫という言い方も、変なのですがまあまあ、あとここです。あの、手というのは非常に大切なのです。猫よりも、手の方に気を配って上げた方がいいと思います。手は、この辺とこの辺の色を使って少し、暗いところと明るい色をちょっと、こう持ってくる。上ですから、何か常に上とか下とか言っていますが面の向きというのを考えています。上を向いているか、下を向いているか、という面の向きです。猫さん周りだけ、少しこうやって明度を落としてあげます。そして、猫顔がどこにあるのでしょうか。 これは、ここか、こんな所に耳の中に手が入っています。こうやって、トレーシングペーパーというのは参考にするために、という使い方これがいいと思います。あまり、顔をここにしてしまうよりも何か今見た感じというのは、とてもいい感じがしますので親指の所だけ、こうやって作っていきましょうか。さあ、ちょっと引いてみます。もういい感じです。足元も見てみましょう、足元。足元もいい感じです。元がこうです。この子、こっち側にこう履いてしまっているのですね。そこも、またかわいいです。強調しましょうか、じゃあ、そこをこういう特徴的な所を見つける、というのもおもしろい所です。もうちょっと、こっちです。そしてここは強調するためには周りを描くというのが一つあります。ここはどうなっているのでしょうか。「トレーシングペーパーの表示」、なるほどというふうに、トレーシングペーパーを使っていきます。はい、いい感じに上がっているのではないかと思います。「ウインドウ」>「画面に合わせる」いいですね、影もしっかり先程作ったものが付いています。この辺もきらきらした感じでいいと思います。このレッスンではブラシを変更して、細部を描く効果を使って、パステルの色を調整するということなのでパステルの色、もうほぼいいような感じがするのですけれどもちょっとだけ、使ってみましょうか。 「効果」>「色調処理」>「色の調整」で明るめに、という「彩度」はそんなに高めないで、明るめにしてパステルというのは明るい色が特徴的なので、これで OK しましょう。いい感じです。このレッスンではブラシを変更して、細部を描いて効果を使って、パステルの色に近づけていきました。

Painter Essentials 5 で絵を描こう

Paint Shop Pro は総合的な画像編集ソフトです。写真を整理・修整・合成するだけでなく、描画するのためのツールとしても使えます。このコースではPaintShop Proの基本的な使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。木版画のようなタッチや日本画のような淡い色彩、ゴッホの力強いタッチなどのさまざまな描画テクニックを紹介します。

1時間56分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年03月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。