Painter Essentials 5 で絵を描こう

ビネットと表面処理をして完成させる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではビネットと表面処理をして完成させます。
講師:
03:34

字幕

このレッスンでは、ビネットと表面処理をして完成させます。ビネットというのは、周りが白いフォトペイントがありましたよねああいう処理です。この場合は、パステルなのでパステルだと周りに書き残しみたいなものを付けることがあると思うのですが、全部描かずに、少し残していくというこの今、内側が選択されています。この選択範囲を反転させて「選択」>「選択範囲の反転」今度は外側は、この状態では選択された状態先にレイヤーを1枚作ってしまいましたがレイヤーを1枚追加して、白で塗り潰しをかけます。「効果」>「塗潰し」OK します。そして選択範囲を外します。「選択」>「なし」この状態で、もう少しここをこのままだと、何かいかにも切り抜いたような切り抜いただけになってしまいますので先程の先細チョークみたいなものを使ってこの辺をこう、もうちょっと太くても大丈夫そうです。こんな感じでいかにも、何かパステルで描いて、エッジを残した感じに仕上げていきます。もし、たくさん周り白く付けすぎたな、と思ったらこれはレイヤーなのでいつでも、消しゴムでこの白い部分だけを消して再描画できますので、安心できます。はい、これで完成です。では、これを「固定」して表面効果を、表面処理をしたいと思いますので常に表面を見る時は、大きく表示だけ大きくしてこれは今、描き残しの感じがうまく出ています。 「効果」>「表面処理」>「表面テクスチャ」テクスチャ感を付けてあげます。これでは「テクスチャ」とします。テクスチャです。「柔らかさ」そして「量」です。多くするとこんなふうになってしまいますからぴかぴかとちょっと光沢感があります。光沢感はなくてもいいです。「量」を少し、「柔らかさ」を調節してどうでしょう、何か紙の感じがもうちょっと薄く、こんな感じにあまり強く強調されると、いけないと思いますのでこんな感じです。これで OK してみます。この辺のエッジの感じも見て下さい。まあまあいい感じに仕上がったと思います。では全体を表示させます。「ウインドウ」>「画面に合わせる」そして「ウインドウ」>「アプリケーション UI を隠す」いい感じです。これで完成です。このレッスンでは、ビネットと表面処理をして完成させてみました。

Painter Essentials 5 で絵を描こう

Paint Shop Pro は総合的な画像編集ソフトです。写真を整理・修整・合成するだけでなく、描画するのためのツールとしても使えます。このコースではPaintShop Proの基本的な使い方をワコムのペンタブレットを使いながら解説します。木版画のようなタッチや日本画のような淡い色彩、ゴッホの力強いタッチなどのさまざまな描画テクニックを紹介します。

1時間56分 (33 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年03月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。