Illustratorのショートカットと便利機能

整列パネル

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
整列パネルを使うとオブジェクトをアートボードや他のオブジェクトに対して簡単に天地、左右、中央などに揃えることができます。また、間隔を設定して揃えることもできます。
講師:
04:33

字幕

このレッスンでは整列パネルを使って 正確なレイアウトを短時間で 作成する方法を解説します 整列パネルは作成したオブジェクトを 素早くほかのオブジェクトに整列させたり 複数のオブジェクトを間隔を 設定して並べることもできる― レイアウト作業には不可欠の 便利なツールです まずはオブジェクトを アートボードに揃えてみましょう 「ウィンドウ」メニューから 「整列」を選択して 整列パネルが表示されたら パネルメニューから 「オプション表示」を選択するか 「パネル」タブをオプションが 表示されるまでダブルクリックします パネルオプションが表示されたら パネル下部にある「整列」から 「アートボードに整列」を選択します これでアートボードに整列させる 準備ができたので 実際にアートボードに揃えてみましょう 左上にあるオブジェクトを選択して パネル上段の右にある 「垂直方向下に整列」ボタンをクリックします 続けて水平方向右に揃えるボタンも クリックしてみましょう 選択していたオブジェクトが アートボードの右下に揃います 今度は複数のオブジェクトを選択して 整列してみましょう 整列パネルの下部にある「整列」から 「選択範囲に整列」を選択します 次にアートボードの右上と中央にある オブジェクトを選択して 垂直方向中央に揃えるボタンを クリックしてみましょう 選択範囲に揃えるを使って 複数のオブジェクトを揃えると 選択していたオブジェクトに対して 揃いが実行されます 今度は指定したオブジェクトを基準にして 複数のオブジェクトを揃えてみましょう command または Ctrl+A ですべてのオブジェクトを選択して 全てのオブジェクトがハイライト表示されたら 揃いの基準にしたい オブジェクトをクリックします ここではアートボードの中央にある オブジェクトをクリックします するとオブジェクトの周囲に 表示されている線が 少し太く表示されます 線が太く表示されているオブジェクトは 揃いの基準になるキーオブジェクトで 他のオブジェクトをクリックすると キーオブジェクトを変更できます キーオブジェクトを指定したら 水平方向中央に揃えると 垂直方向中央に揃えるボタンを クリックしてみましょう 指定したキーオブジェクトを基準にして 他のオブジェクトが整列します 今度はパネル下部にある 「等間隔に分布」のテキストエリアに 0.5と入力して 「水平方向等間隔に分布」ボタンを クリックしてみましょう キーオブジェクトを基準にして 指定した間隔でオブジェクトが分布されます このように整列パネルを使うと 正確なレイアウトを短時間で 作成することができます 整列パネルの使い方をマスターして レイアウト作業の効率化と 時間短縮に活用しましょう

Illustratorのショートカットと便利機能

Illustratorは印刷やWebデザイン、イラストや図版の現場などで非常に多く使われており、そこではIllustratorを思い通りに使いこなせることが文字通り必須となっています。このコースではIllustratorを使うさいに知っておくととても便利なさまざまな機能を紹介します。またそれらをすばやく使うためのショートカットも合わせて紹介します。

2時間43分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。