Illustratorのショートカットと便利機能

行揃えの変更

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストの行揃えは段落パネルで設定するのが基本ですが、ショートカットを使っても行揃えを設定できます。ここではショートカットによる行揃えの設定方法を解説します。
講師:
03:04

字幕

このレッスンではショートカットによる テキストの行揃え方法について解説します テキストの行揃えを設定する場合 選択ツールでテキストを選択するか 文字ツールでテキストにカーソルを入れて 段落パネルまたはコントロールパネルで 変更するのが基本ですが ショートカットキーを使っても 変更することができます それではショートカットを使って 本文のテキストを右揃えに変更してみましょう 選択ツールで本文のテキストを選択したら Mac は Command+Shift+R Windows は Ctrl+Shift+R を押します 今度はテキストを左揃えにしてみましょう 左揃えのショートカットは Mac は Command+Shift+L WIndows は Ctrl+Shift+L を押します テキストを中央揃えにしたい場合は Mac は Command+Shift+C Windows は Ctrl+Shift+C を押します テキストを均等配置 最終行の左揃えの Justify にしたい場合は Mac は Command+Shift+J Windows は Ctrl+Shift+J を押します このように行揃えは 段落パネルを使わなくても ショートカットで変更することができます それでは最後に行揃えのショートカットを おさらいしましょう 「右揃え」は Command または Ctrl+Shift+R 右の英単語 Right の頭文字 R と 移動の英単語 Shift と覚えると良いでしょう 「左揃え」は Command または Ctrl+Shift+L 左の英単語 Left の頭文字で L と覚えると良いでしょう 「中央揃え」は Command または Ctrl+Shift+C 中央の英単語 Center の頭文字で C と覚えると良いでしょう 「均等配置(最終行左揃え)」 の Justify は Command または Ctrl+Shift+J Justify の頭文字 J と覚えると良いでしょう テキスト編集を効率良く行う場合 できるだけマウスを使わないで キーボードで完結させるのが効果的です テキストの行揃えの変更は テキスト編集時に頻繁に行う操作の1つなので キーボードショートカットを覚えて テキスト編集の効率化に役立てて下さい

Illustratorのショートカットと便利機能

Illustratorは印刷やWebデザイン、イラストや図版の現場などで非常に多く使われており、そこではIllustratorを思い通りに使いこなせることが文字通り必須となっています。このコースではIllustratorを使うさいに知っておくととても便利なさまざまな機能を紹介します。またそれらをすばやく使うためのショートカットも合わせて紹介します。

2時間43分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。