Illustratorのショートカットと便利機能

ブラシツールと塗りブラシツール

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシツールの線幅はショートカットで変更できます。ここでは、ブラシサイズの変更方法とブラシツールおよび塗りブラシツールの特徴について解説します。
講師:
06:36

字幕

このレッスンではショートカットによる ブラシサイズの変更方法と ブラシツールと塗りブラシツールの 違いについて解説します まずは新規ドキュメントを 作成するところから始めましょう ファイルメニューの新規を選択するか Mac は Command+N Windows は Ctrl+N を押します 新規ドキュメントダイアログが表示されたら プロファイルを「 Web 」に設定して OK をクリックします ドキュメントが開いたらツールパネルから ブラシツールを選択するか ショートカットで B キーを押して ブラシツールに切り替えます 次にウィンドウメニューの 「ブラシ」を選択して ブラシパネルが表示されたら 使用したいブラシを選択します ここでは 10 pt の丸筆を選択します ブラシを選択したらドキュメント上を ドラッグしてみましょう すると選択したブラシの太さで 線が描画されます それではショートカットを使って ブラシサイズを変更してみましょう まずはブラシサイズを太くします ブラシサイズを太くするショートカットは 「]」です 「]」キーは Return キーの隣にある 「む」の文字が表示されているキーです 「]」キーを数回押したら ドキュメント上をドラッグしてみましょう すると先程よりも太い線が描画されます 「]」キーを押して 線を描画してみると さらに太い線が描画されます 今度はブラシサイズを細くしてみましょう ブラシサイズを細くするショートカットは 「[」キーです 「[」キーは「]」キーの上 「@」の右にあるキーです 「[」キーを数回押したら ドキュメント上をドラッグして 線を描画してみましょう すると先ほどよりも線幅が細くなったのを 確認できます ブラシサイズを変更するショートカットは 塗りブラシツールでも使用できます ツールパネルから 塗りブラシツールを選択するか ショートカットで Shift+B を押して 塗りブラシツールに切り替えます ツールが切り替わったらドキュメント上を ドラッグして線を描画してみましょう 続いて「]」キーを 押してブラシサイズを太くしてみましょう すると「]」キーを押すのに合わせて マウスポインタに表示されている ブラシサイズを示す丸の大きさが 大きくなるのを確認できます また「[」キーを押すと マウスポインタに表示されている丸の大きさが 小さくなります そしてドキュメント上をドラッグすると マウスポインタに表示されている ブラシサイズと同じ太さの線が描画されます なおブラシツールと塗りブラシツールの違いは 表示モードをアウトラインモードにすると 違いをよく理解できます 表示メニューのアウトラインを 選択するか ショートカットで Mac は Command+Y Windows は Ctrl+Y を押してみましょう するとブラシツールで作成した線は オープンパスになっているのに対し 塗りブラシツールの線はクローズドパスに なっているのを確認できます ブラシツールはパスに線幅を設定して ブラシの太さを表現しているということです またブラシツールには様々な印象を持つ ブラシライブラリーが 用意されている点も異なります それではブラシライブラリーを読み込んで 描画してみましょう その前に Command または Ctrl+Y を押して 描画モードをプレビューモードに戻します また B キーを押してブラシツールに 切り替えておきましょう 描画モードを変更してツールを ブラシツールに切り替えたら ブラシパネルの下にある ライブラリーメニューから 今回は「絵筆ブラシ」の 「絵筆ブラシライブラリー」を選択します 絵筆ブラシライブラリーが表示されたら 使用したいブラシを選択して描画します なお登録されている各ブラシの 名前を知りたい場合は パネルメニューから 「リスト表示」を選択すると ブラシ名を表示することができます ここでは「丸筆 モップ」を選択して ドキュメント上をドラッグしてみましょう すると透明度を持った独特な線が描画されます また線を重ねるように作成してみると 透明度を生かした濃度変化のある 線を描画することができます イラストを作成する場合はこれらの ブラシの違いを生かして 表現方法を広げたり ブラシサイズを変更するショートカットを 作業効率の向上に活用してください

Illustratorのショートカットと便利機能

Illustratorは印刷やWebデザイン、イラストや図版の現場などで非常に多く使われており、そこではIllustratorを思い通りに使いこなせることが文字通り必須となっています。このコースではIllustratorを使うさいに知っておくととても便利なさまざまな機能を紹介します。またそれらをすばやく使うためのショートカットも合わせて紹介します。

2時間43分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。