Illustratorのショートカットと便利機能

シンボル

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイアウト上に同じオブジェクトを複数配置する場合は、シンボルを使うとオブジェクトの修正や入れ替えを短時間で行うことができます。ここでは、シンボルの使い方を解説します。
講師:
03:38

字幕

このレッスンではシンボルの使い方と メリットについて解説します 例えばアイコンなどのようにドキュメント上で 何度も使うデザインパーツは シンボルに登録して インスタンスを配置しておくことで デザインパーツに修正が入ったときに 一瞬で修正内容を反映することができます それではあらかじめ作成してある アイコンをシンボルとして登録して インスタンスを配置してみましょう ウィンドウメニューの「シンボル」を選択して 「シンボルパネル」を表示します 続いて選択ツールであらかじめ 作成しておいた上のアイコンを選択して シンボルパネルメニューの 「新規シンボル」を選択するか パネル下部にある 「新規シンボルボタン」をクリックします 「シンボルオプションダイアログ」が 表示されたら 書き出しタイプを「グラフィック」に 設定して OK をクリックします シンボルパネルにアイコンが追加されたら ドキュメントにインスタンスを 配置してみましょう シンボルパネルから登録したシンボルの アイコンをドラッグ & ドロップします ドキュメント上に配置した インスタンスは自由に大きさを変更したり 角度を設定する といったことができます それでは登録したシンボルに 修正を加えてみましょう ドキュメント上に配置したインスタンスの いずれかをダブルクリックして メッセージが表示されたら OK をクリックします すると画面上部にインスタンス名が表示された インスタンスの編集モードになります この状態でインスタンスに修正を加えます ここではアイコンの背景を選択して 「スウォッチパネル」でオレンジを選択します 修正が終わったらドキュメント上の 何も無い位置をダブルクリックして インスタンスの編集モードを抜けます するとインスタンスに設定した修正が ドキュメント上のすべての インスタンスに一瞬で反映されます 今度は登録したシンボルを 別のデザインに入れ替えてみましょう シンボルパネルで登録したシンボルの アイコンをクリックします 続いてあらかじめ作成しておいた 左下にあるアイコンを選択して シンボルパネルメニューの 「シンボルを再定義」を選択します するとドキュメント上に 配置されているインスタンスが 再定義したデザインに一瞬で入れ替わります このようにドキュメント上で何度も使う デザインパーツ等はシンボルに登録して インスタンスを配置しておくことで 修正があった場合に すべてのインスタンスに対して 一瞬で修正内容を反映することができます デザイン作成の作業効率の向上や 修正に掛かる時間の短縮に ぜひシンボルを活用してください

Illustratorのショートカットと便利機能

Illustratorは印刷やWebデザイン、イラストや図版の現場などで非常に多く使われており、そこではIllustratorを思い通りに使いこなせることが文字通り必須となっています。このコースではIllustratorを使うさいに知っておくととても便利なさまざまな機能を紹介します。またそれらをすばやく使うためのショートカットも合わせて紹介します。

2時間43分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年03月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。