Excel 2013 基本講座

Excel 2013を起動する・終了する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2013 の作業をスムーズに開始・終了するための起動手順と終了手順を解説します。
02:39

字幕

このレッスンでは Excel 2013 の 作業をスムーズに開始― 終了するための起動手順と 終了手順について解説します では Excel の起動操作から 見ていきましょう タスクバーのスタートボタンをクリックし スタートメニューを表示します スタートメニュー左下の 「すべてのアプリ」をクリックすると インストールされているアプリケーションの 一覧が表示されますので Eの欄の Excel 2013 をクリックします これで Excel を起動することができました タスクバーには Excel が 起動中であることを示すボタンが表示されます 起動した直後の画面を スタート画面と呼んでいます このスタート画面には 最近使用したファイルの一覧や おすすめのテンプレートが表示されます ここで空白のブックの テンプレートをクリックすると 新規作成で新しいブックを 準備することができます 続いて Excel を終了する操作を 見ていきましょう Excel を終了するには画面右上の 閉じるボタンをクリックします これで Excel を終了することができました タスクバーのボタンも非表示となります 続いて Excel を素早く起動するための アイコンやタイルを タスクバーやスタート画面に ピン留めする操作を見ていきましょう まずはスタート画面にピン留めしてみます スタートメニューの 「すべてのアプリ」をクリックし Excel 2013 を右クリックします 「スタート画面にピン留めする」を クリックすると これでスタート画面に ピン留めすることができました 配置されたタイルはドラッグ操作をすることで 自由な位置に移動することができますので 使いやすい位置に配置しておくと 良いでしょう こうしておくとスタートボタンをクリックし スタートメニューを表示した後 Excel 2013 のタイルをクリックするだけで 素早く Excel を起動することができます 続いてタスクバーに Excel を 起動するためのアイコンを配置しましょう スタートボタンをクリックし 「すべてのアプリ」をクリックしたら Excel 2013 を右クリックします ショートカットメニュー上から2つ目の 「タスクバーにピン留めする」を クリックすると これでタスクバーに Excel の アイコンを追加することができました こうしておくとタスクバーの Excel 2013 のアイコンをクリックするだけで Excel を素早く起動することができました このレッスンでは Excel の起動操作と 終了操作について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。