Excel 2013 基本講座

ブック・ワークシート・セルについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excelの構成と基本用語について解説します。ブック、ワークシート、セルなどのExcelを操作する際に必要となる構成要素について知ることができます。このレッスンは重要です。
03:34

字幕

このレッスンでは Excel の構成と 基本用語について解説します Excel を操作する際に必要となる 構成要素について知ることができます ではこれから実際に Excel の画面をみながら Excel の構成要素である ブック ワークシート セルについて 学習しましょう まずはブックについて学習しましょう Excel では作成したファイルのことを 「ブック」といい タイトルバーにはそのブック名が表示されます 現在 Book1 と表示されているのは 仮の名前で 名前を付けて保存すると そのブック名がタイトルバーには表示されます このブックでは複数の作業用紙である ワークシートを管理することができます Excel 2013 では特に指定しない限り 初期設定で1枚のワークシートが 用意されています その様子が画面の左下で確認できます Sheet1 というシート見出しがあり ワークシートが1枚 用意されていることが分かります このワークシートは 簡単に追加削除が可能です シート見出し右にあります「新しいシート」 というボタンをクリックすると ワークシートを1枚追加することができました Sheet2 と表示されましたね 続いてワークシートについて学習しましょう 実際に表やグラフを作成するための 作業用紙のことをワークシートと呼んでいます ワークシートは小さなマス目で 区切られていますね 行方向には一行目から始まって 1,048,576 行あり 列方向には A 列から始まって XFD という列まで 16,384 列あります このようにワークシートは たくさんの行と列で構成されている 作業用紙です また1つのブックでは複数のワークシートを 管理することができます 現在作業中のワークシートのことを アクティブシートといいます 現在は Sheet2 が作業中ですので Sheet2 がアクティブシートであるというわけです アクティブシートを切り替えるには シート見出しをクリックします シート見出しをクリックするだけで アクティブシートを 簡単に切り替えることができます では続いてセルについて学習しましょう ワークシート上のマス目1つ1つを セルと言います このセルに文字や数値を入力し 表を作成します 1つのセルに入力できる文字数は 最大で 32,767 文字です またセルを選択するには マウスでクリックすれば そのクリックしたセルが 現在選択されているセルとなります 現在選択されているセルのことを アクティブセルといい アクティブセルは太枠で囲まれます それぞれのセルの位置は 列番号と行番号を組み合わせて 番号で呼びます 例えば C 列の 4 行目のセルは C の 4 のセル B 列の 5 行目のセルは B の 5 のセルと表します このレッスンでは Excel の構成要素である ブック ワークシート セルについて 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。