Excel 2013 基本講座

既存のブックを開く・閉じる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブックを開く・閉じる操作を解説します。既存のブックを閲覧・編集するには対象となるファイルを開いて作業し、目的の作業が済んだらファイルを閉じます。
03:08

字幕

このレッスンでは既存のブックを開く操作と 閉じる操作について解説します Excel が起動され スタート画面が表示されています ではブックを開く操作を見ていきましょう 最近使ったファイルの一覧の一番下 「他のブックを開く」をクリックします バックステージビューには 「開く」の一覧が表示されます 「コンピューター」をクリックします 「参照」ボタンをクリックします 「ファイルを開く」のダイアログボックスが 表示されましたら 開く場所を指定しましょう では今回はデスクトップの project_files のフォルダを開き 「01」のフォルダ内に 使用するブックが保存されていますので 「01」のフォルダを開き「Chapter_1」の ブックをクリックで選択したら 右下の「開く」ボタンをクリックします これで目的のブックを開くことができました タイトルバーには開いたブックの ブック名が表示されます 続いてブックを閉じる操作を 見ていきましょう Excel は終了せずに ブックを閉じます 「ファイル」タブをクリックします 左のメニューから 「閉じる」をクリックします これでブックを閉じることができました では続いて 最近使用したアイテム一覧から 素早くブックを開いてみましょう 「ファイル」タブをクリックします 「開く」をクリックし 「最近使ったブック」をクリックします 「すると最近使ったブック」の 一覧が表示され 先程使用した「Chapter_1」が リストアップされていますね ここで「Chapter_1」をクリックすると 先程使用したブックを 素早く開くことができます 最近使用したファイル一覧について もう少し見てみますので 「ファイル」タブをクリックし 「開く」をクリックし 「最近使ったブック」をクリックします 「最近使ったブック」には 先程使った「Chapter_1」が リストアップされています マウスポインタをポイントすると 右にピン止めをするための ボタンが表示されました こちらをクリックすると このブックを 固定して表示しておくことが可能です 解除するにはもう1度 ピン留めボタン をクリックすると これで解除です また「最近使ったブック」の一覧には 初期設定で 25個のファイルを リストアップすることができます リストアップする数は 変更が可能です 見てみましょう 左のメニューから一番下の 「オプション」をクリックします 「Excel のオプション」の ダイアログボックスが表示されましたら 詳細設定をクリックします 画面を少し下にスクロールし 表示グループの一番上 「最近使ったブックの一覧に表示する ブックの数」 25となっていますね この数を0から50で指定することが可能です 今回確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきましょう このレッスンでは既存のブックを 開く操作と閉じる操作について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。