Excel 2013 基本講座

画面表示を調整して作業効率をアップする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2013の 画面表示を作業しやすいように調整する方法について解説します。画面のスクロールやズーム機能、ウィンドウ枠の固定や分割など豊富な機能が用意されています。
04:38

字幕

このレッスンでは画面の表示を 作業しやすいように 調整する方法について 解説します 画面の「スクロ―ル」」や「ズーム機能」 そして「ウィンドウ枠の固定」など 豊富な機能が用意されています 使用するブックは Chapter_1 です このブックの「売上一覧」のシートを アクティブシートにしましょう まずは画面のスクロールから見ていきましょう 画面に表示されていない部分を 表示することをスクロールすると言います 縦方向にスクロールをするには 右にあります垂直スクロールバーを活用します 下向き三角をクリックするか 下向き三角を押さえたままにすると下に 上向き三角をクリックするか 上向き三角を押さえたままにすると 上にスクロールすることができます またスクロールボックスをドラッグして 素早くスクロールを実行することも可能です 横方向にスクロールをする場合には 下にあります水平スクロールバーを使います 右向き三角や左向き三角を使って 横方向にスクロールを実行することができます またマウスのホイールを使って 垂直方向に スクロールを実行することもできますね では続いて画面の大きさを変更する ズーム機能を使ってみましょう 画面を拡大 縮小して作業するには ステータスバー右の ズームスライダを活用します ズームスライダの拡大ボタンをクリックすると 大きく拡大し 細かい所をチェックすることができます 縮小ボタンをクリックし 画面を縮小すると 全体のバランスをチェックすることができます またズームスライダ右端の 何%と表示されている項目をクリックすると 「ズーム」のダイアログボックスが 表示されますので ここで倍率を指定することも可能です 一番下の指定のボックスでは 数値を入力して自由に設定可能です Excel では10%から400%の間で 設定することができます では今回は100%にしておきますので 100%をクリックで選択し 「OK」ボタンをクリックします では次にウィンドウ枠の固定機能を 見ていきましょう ウィンドウ枠の固定は 一画面に収まらない― 大きな表を扱う際に お薦めの機能です 売上一覧表は 3行目に項目名が入力されています その下には沢山のデータが 入力されていますので 下にスクロールして データを確認しようとすると 3行目の項目名が隠れて 見えなくなってしまいます これでは作業しづらいですよね そこでウィンドウ枠の固定機能を活用すると 項目名を固定して 他の部分をスクロールすることができます 見てみましょう 3行目までを固定しますので 4行目を選択します ウィンドウ枠を固定する際には 固定したい行の下の行を 行単位で選択しましょう 「表示」タブをクリックします 「ウィンドウ」グループの 「ウィンドウ枠の固定」ボタンを クリックします 「ウィンドウ枠の固定」をクリックします これで3行目までを固定することができました では下にスクロールして 確認してみましょう このように項目名が常に表示されていますので 作業しやすくなります ウィンドウ枠の固定を解除するには アクティブセルはどこにあっても構いません 「表示」タブのウィンドウグループ 「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリックし 「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックします これでウィンドウ枠固定は解除されました 今は行方向に固定しましたが 列方向に固定する事も可能です 例えば A 列を固定したい場合には B 列を列単位で選択します 選択した列の左側が固定されます B 列を選択したら 「ウィンドウ枠の固定」ボタンをクリックし 「ウィンドウ枠の固定」をクリックすると これで A 列が固定されました よって右にスクロールしても A 列は表示されたままとなります 解除をするには 「ウィンドウ枠の固定」のボタンから 「ウィンドウ枠固定の解除」をクリックすると これで解除です またセルを選択して ウィンドウ枠を固定すると 選択したセルの上の行と 左の列が固定されます このレッスンでは画面表示を 作業しやすいように 調整する方法について 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。