Excel 2013 基本講座

セルに入力できるデータの種類について

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excelのセルに入力できるデータの種類についてサンプルデータを用いて解説します。
02:17

字幕

このレッスンでは Excel のセルに 入力できる「データの種類」について サンプルデータを用いて 解説します 使用するブックは Chapter_2 です このブックの「データ入力」のシートを アクティブシートにしましょう Excel のセルに入力できるデータは 基本的には「定数」と 「数式」に大別されます また「定数」は 「文字」「数値」そして「日付 / 時刻」の 3種類に分類できます それぞれのデータの例が 右にありますのでご覧ください また数式のデータの例が下にありますので 画面を下にスクロールして見ていきましょう ここには在庫管理表が作成されています 前期の在庫 今期の仕入れ そして今季の売り上げが入力されていますので 今期の在庫は計算式を使って 求めることが出来ます F 列には今期の在庫を求める 数式が作成されています ではアクティブセルを数式を作成している セルに移動して確認していきましょう F の12のセルをアクティブセルにします セルには計算結果が表示されています では数式の内容はというと 数式バーを見ましょう 数式バーでは作成した数式の 内容を確認することができます Excel では = で始まるデータを 数式として認識します 今は数式の内容は それほど重要ではありませんので 難しく考えないようにしましょう もう1度言いますが Excel では = で始まるデータを 数式として認識します このようにアクティブセルの内容は 数式バーで確認することができますので 覚えておくと良いでしょう 例えば文字が入力されているセルが アクティブセルになると 入力されている文字を数式バーで 確認することができます このレッスンではセルに入力できるデータの 種類について サンプルデータを用いて 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。