Excel 2013 基本講座

文字データを入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに文字データを入力する手順について解説します。英字、日本語文字の入力や、数字を文字として入力する方法も実習します。
05:01

字幕

このレッスンではセルに文字データを 入力する手順について解説します アルファベットや日本語文字の 入力に加えて 数字を文字として入力する方法も 解説します 使用するブックは Chapter_2 です このブックの「データ入力」のシートを アクティブシートにしましょう 空いているセル範囲を使って 文字データの入力操作を見ていきましょう まずアルファベットの ABC を入力します H の9のセルにデータを入力しますので H の9のセルをアクティブセルにします キーボードから文字をタイプすると 自動的にカーソルが点滅します 文字を入力したら Enter キーで データを確定します Excel が文字と識別したデータは セル内で左寄せで配置されます ちなみに数字データはセル内で 右寄せで配置されます 続いて入力したデータを 削除する操作を見ていきましょう 先程入力した ABC のデータを削除します 削除したいセルをアクティブセルにし キーボードの Delete キーをタイプします これでデータを削除することができました データの入力手順を見ておきましょう データを入力する際には データを入力するセルをアクティブセルにする そしてデータキーボードから入力する そしてデータを確定するという手順で行います またデータを削除するには Delete キーを使います データの入力途中で間違いに気づいた場合の 直し方を見ていきましょう キーボードから ABC と入力しようとして ABB と入力しました Enter キーで確定するまでは カーソルは点滅していますので BackSpace キーをタイプして カーソルのある 左の文字を削除することができます 正しい文字を入力し Enter キーで確定します このように Enter キーを押すまでは BackSpace キーを使って 文字を1文字ずつ削除することができます データを入力するとアクティブセルは 1つ下に下がります データの入力されているセルを アクティブセルにすると 内容は数式バーでも確認することができます では次に日本語の文字を入力しましょう 「りんご」「カメラ」「東京」と H のセルの10から入力していきます では H のセルの10を アクティブセルにし 日本語を入力しますので 日本語入力をオンにしたら キーボードから「りんご」と入力します Enter キーを押して文字を確定します そしてもう1度 Enter キーを押して データを確定します では続けて「カメラ」と入力しましょう カタカナの場合には 変換操作が必要です 変換し Enter キーで 文字を確定する そしてもう1度 Enter キーを押して データを確定します 漢字の場合にも変換して Enter キーで文字を確定し もう1度 Enter キーを押して データを確定します このように日本語の文字を入力する場合には 一回 Enter キーを押して文字を確定し 更にもう1度 Enter キーを押して データを確定します 要するに Enter キーを2回押すことにより データを確定することができるというわけです 次に数字を文字として入力する方法を 見ていきましょう セルに 001 と入力してみます I の9のセルをアクティブセルにし キーボードから 001 と入力します データを確定するまでは セルには 001 と表示されていますが Enter キーで確定すると 1 と表示されました 入力したセルにアクティブセルを移動し 数式バーで確認しても やはり数字の 1 が入力されています そこで 001 というデータを入力するには どうするか 数字を文字として入力すれば良いです 数字を文字として入力するには データの先頭に「'」を付けて入力します やってみましょう データを入力するセルを アクティブセルにします キーボードから「'」を入力し その後 001 と入力します Enter キーで確定すると これで 001 というデータを 入力することができました セルの中でデータが左に寄っていますね 文字として入力されたというわけです また今データを入力したセルの左上には 小さい三角の印が表示されています この印は数字が文字として 保存されていますという印です 印刷には映りません このレッスンではアルファベットや 日本語文字の入力に加えて 数字を文字として入力する方法についても 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。