Excel 2013 基本講座

データをより効率的に入力する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データを効率よく入力する方法について解説します。あらかじめ入力したいセルを範囲選択してデータを入力すると、選択した範囲内でアクティブセルを移動することができ、より効率的に入力することができます。
03:11

字幕

このレッスンではデータを効率よく 入力する方法について解説します 使用するブックは Chapter_2 です このブックの「データ入力」のシートを アクティブシートにしましょう 10行目以降を使いますので 画面を下にスクロールしておきます 右の方の空いているセル範囲を使って 予め範囲選択をし 効率よくデータを入力する 方法について見ていきましょう データを入力する範囲を選択しておくと 選択範囲でのみアクティブセルを 移動させることができ 効率よくデータを入力することができます キー操作を見ておきましょう キーボードの Enter キーを押すと アクティブセルが下に下がります 範囲選択をしていることで 範囲選択内でのみアクティブセルが 効率良く移動します Tab キーを押すと 右のセルにアクティブセルが移動します 範囲選択をしている時に マウスでクリックしたり 方向キーを使うと選択が解除されますので 注意しましょう もし Enter キーを押しすぎた という場合には Shift キーを押さえて Enter キーを押すと 上のセルにアクティブセルが戻ります Tab キーの場合も同じです Tab キーを押しすぎた という場合には Shift キーを押さえて Tab キーを押すと 左のセルにアクティブセルが戻ります ではこれから H の12から J の16のセル範囲に 左の管理表と同じように  前期の在庫から今期の売り上げまでのデータを 効率よく入力してみます キーボードからデータを入力し Enter キーを押すとアクティブセルが 1つ下に下がります 範囲選択をしていないと Enter キーでアクティブセルは 下に下がりますが 自動的に上には上がってくれません このように範囲選択しておくことで 選択範囲でのみアクティブセルを 効率良く移動させることができます もし Enter キーを押しすぎた場合には 慌てず先程説明したように Shift キーを押さえたまま Enter キーを押して アクティブセルを戻して データを入力していきましょう これで範囲選択内にデータを 入力することができました では次の操作に移りますので 入力したデータは Delete キーで削除しておきましょう では今度は範囲選択内に同じデータを 一括で入力してみます キーボードから任意のデータを入力し データを確定する時に Ctrl キーを押さえます では Ctrl キーを押さえて Enter キーを押します すると範囲選択内に同じデータを 入力することができました この方法を使うと離れているセル範囲にも 一括で同じデータを入力することも可能です 適当なセル範囲を離れて選択しましょう キーボードからデータを入力し Ctrl を押さえたまま Enter キーを押すことで 離れているセル範囲にも同じデータを 一括で入力することができます このレッスンでは予めデータを入力したい セル範囲を選択しておき 効率よくデータを入力する方法について 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。