Excel 2013 基本講座

関数について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
関数の入力に関する基礎知識を学びます。基本的な関数の書式と、関数を用いての数式を入力する際に使用するツールについて解説します。
04:20

字幕

このレッスンでは関数の入力に関する 基礎知識を学びます 基本的な関数の書式と 関数を用いての数式を入力する際に使用する ツールについて解説します 使用するブックは Chapter_3 です このブックの「関数」のシートを アクティブシートにしましょう これから学習する関数とは Excel で予め定義されている計算式のことで 複雑な数式を簡単に処理することができます Excel では400種類以上の 関数が用意されています その中から今回は基本的な 合計や平均を求める関数の例を見ながら 関数の仕組みについて 見ていきましょう サンプルの表が作成されています この表を使って関数を用いることで 数式入力時の処理が 簡単になることを見ていきましょう B 列と C 列には 同じデータが入力されています 5行目と6行目には それぞれ演算子を使った場合と 関数を使った場合の合計と 平均を求める数式が作成されています まずは5行目の合計を求める という数式を見ながら 演算子を使った場合と関数を使った場合の 違いを見ていきましょう B5 のセルには足し算の数式が 作成されています 演算子を使って「B2+B3+B4」と 1つ1つセルを参照しながら 数式が作成されています これでも合計をちゃんと 求めることができますが データが増えてくると1つ1つ 参照していくのは大変ですね そこで関数を使用すると どこからどこまでという範囲を指定するだけで 簡単に合計を求めることができます 1つ1つのセルを参照していく必要が ありませんので 数式作成時の処理が簡単になります また関数の書式については右にも 記してありますので少し見ていきましょう 関数を使用した数式は 等号 = の右側に関数名を入力します 合計を求める関数は SUM 関数です そして引数と呼ばれる答えがその 材料となるものを括弧で囲みます 今回は答えを出すための材料は C2 のセルから C4 のセルの 範囲である ということです ではもう1つ平均の例も 見てみましょう 演算子を使って平均を求める場合には 合計数をデータの個数で割ります よって今回の場合には B5 に 合計が入っていますので B5 をデータ数 3 で割っていますね これでももちろん 平均を求めることができますが データの個数が増えてくると 数えるのは大変です そこで関数を用いることで先程と同様に どこからどこまでの範囲をと指定するだけで 簡単に平均値を出すこともできます 平均を求める関数は AVERAGE 関数です 先程と同様に先頭が = で関数名が来て 括弧の中には答えを出すための材料となる 引数が入っています このように関数を用いることで 数式を簡単に処理することができます では続いて関数の入力に使用する ツールを見ていきましょう 関数はキーボードから直接入力する以外に 合計や平均といったような基本的な関数は 「ホーム」タブの 「編集」グループに用意されています― Σ の形をしたボタン オートサム というボタンを使って挿入できます オートサムの右には 下向き三角が用意されています こちらをクリックすると 合計以外の平均や最大値といったような 基本的な関数を呼び出して 入力することができます また数式バーの先頭にあります 「fx」というボタン 関数の挿入ボタンをクリックし 関数を挿入することもできます 更に数式タブをクリックすると 数式ライブラリが表示されますので こちらを使って様々な関数を 挿入していくこともできます このレッスンでは基本的な関数の書式と 関数を用いた数式を入力する際の ツールについて解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。