Excel 2013 基本講座

データの配置を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの配置の変更について解説します。各セル内でのデータの配置を左・中央・右などに変更することができます。また、複数セルを結合しての配置変更も可能です。配置を変更することで表全体のレイアウトを美しく整えることができます。
04:02

字幕

このレッスンではセルに入力した 「データの配置」の変更について解説します 配置を変更することで表のレイアウトを 美しく整えることができます 使用するブックは Chapter_4 です このブックの「売上表2」のシートを アクティブシートにしましょう 売上表が作成されています まずはセル内の配置の変更から 見ていきましょう Excel の式設定では文字データは セルにおいて左に 数値データは右に配置されています このような配置は「配置」グループの下の段の ボタンを使って変更が可能です 「左揃え」「中央揃え」「右揃え」 と配置を変更することができます では見てみましょう 4行目の項目名をセル内で 中央に配置してみます A4 から E4 のセル範囲を選択します 「配置」グループの 「中央揃え」ボタンをクリックします これでデータを各セルにおいて 中央に配置することができました セルに配置を設定すると 設定したボタンに色が付きます 解除をする場合には 解除したいセル範囲を選択し 設定した時に使ったボタンをクリックすると 解除することができます では次に選択したセル範囲の 中央にデータを配置する― セルを結合して中央揃え の操作を見ていきましょう 操作の対象は A2 に入力されている 表のタイトルです この「売上表」というタイトルを 表の中央に配置したいです 切り取って貼り付けても良いのですが それでは綺麗に真ん中に寄せることは 難しいです そこでセルを結合して中央揃えを実行します では見てみましょう 結合したいセル範囲を選択します 配置グループ下の段の右の 「セルを結合して中央揃え」ボタンを クリックします これで選択範囲内のセル範囲を結合し データを中央に配置することができました 綺麗なレイアウトをとることができます ちなみに解除をする時には 解除をしたいセルを選択し 設定する時に使用した 「セルを結合して中央揃え」ボタンを クリックすると解除することができます ではもう1度設定しておきます 「配置」グループのその他のボタンを 見てみましょう 「配置」グループ下の段の真ん中には インデントを設定するための ボタンが用意されています 「インデントを増やす」 「インデントを減らす」というボタンです 使ってみましょう 商品名が入力されているセル範囲 A5 から A9 を選択します 「配置」グループの「インデントを増やす」 というボタンをクリックすると 一文字ずつインデントを 設定することができます 「インデントを減らす」ボタンを クリックすると一文字ずつ インデントを解除することができます また その上の方向ボタンをクリックすると 文字の方向を縦書きや 90度回転させるような設定も可能です また その右にあります 「折り返して全体を表示する」という― ボタンを使うと 長いデータが入力されているセルを 複数行に折り返して 全体を表示することができます また更に詳細設定を行いたい場合には 「配置」グループの ダイアログ起動ツールをクリックすると 「セルの書式設定」の 「配置」タグが表示されます ここで横位置や縦位置の 更に詳細設定を変更したり 文字の方向を調整することも可能です また「文字の制御」というグループには 「縮小して全体を表示する」という 項目があります こちらにチェックを付けると セル内に長いデータが入力されている場合 列幅に応じて自動的に文字を縮小し 全体を表示することができます では今回は確認だけですので 「キャンセル」ボタンをクリックして ボックスは閉じておきます このレッスンではセル内に入力したデータの 配置を変更する方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。