Excel 2013 基本講座

列の幅と行の高さを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
列幅と行高の調整について解説します。入力されたデータの幅に合わせてセルの幅や高さを変更できます。文字数が多くてセルに表示しきれないときなどは、セルの列幅を調整して全体が表示されるようにします。
04:59

字幕

このレッスンでは列幅と行高の 調整について解説します では A 列の幅は適当な幅に 調整しておきましょう 続いて複数の列幅を調整します B 列と C 列の幅を同じ幅に調整します B 列と C 列を列単位で選択します B の列番号の右の境界線か C の列番号の右の境界線に マウスポインタをポイントし 左右の矢印が表示されたらドラッグします これで選択している複数列の幅を 同じ幅に調整することができます 離れている列を指定することもできます 例えば G 列と I 列の場合には 1つ目は普通にクリックし Ctrl を押さえながら 2ヶ所目の列をクリックすると 離れている列を指定することができ いずれかの列の境界線を ドラッグすることで 離れている列も同じ幅に 調整することができます 列幅を調整している時には 狭くしすぎないように注意しましょう 例えば D 列の幅を狭くし過ぎました するとこのように##と表示されたり 指数が表示される場合があります これは列の幅が狭すぎるからです 列幅を広げてデータが見えるように 調整していきましょう 続いて列幅の自動調整を見ていきましょう 列幅を自動調整すると列に入力されている 1番長いデータに合わせて 列幅が自動的に調整されます 長いデータが入力されていると幅が広く 短いデータが入力されている場合は 幅が狭くなります では A 列を自動調整してみましょう A の列番号の右の境界線に マウスポインタをポイントし 左右の黒い矢印が表示されたら ダブルクリックします このように列番号の右の境界線を ダブルクリックすることで 列幅を自動調整することができます ここまで列幅調整を見てきましたが 行の高さの調整も考え方は同じです 例えば2行目の行を調整する場合には 行番号2の下の境界線に マウスポインタをポイントし 上下の黒い矢印が表示されたら ドラッグします 下にドラッグすると高く上にドラッグすると 低く設定することができます ドラッグして行の高さを調整しているときに 表示されるコメントは ポイントという単位です よって 30 という高さに 行の高さを設定すると 30 ポイントの大きさの文字を 収めることのできる高さです また 行番号の下の境界線を ダブルクリックすると その行に入力されている文字の 大きさに合わせて 行の高さが自動調整されます また 複数行を予め選択しておき 行の高さをドラッグして調整すると 選択している範囲の行を全て 同じ行の高さに設定することもできます また 列幅や行の高さは列番号や 行番号を右クリックして 数値で指定することもできます 見てみましょう 例えば B 列の列番号を右クリックし 「列の幅」をクリックします 列幅のダイアログボックスが表示されました では列幅に「10」と入力し 「OK」ボタンをクリックすると B 列は10の幅に設定することができ 標準の文字の大きさで 数字を約10桁収めることができる幅です 行の場合は行番号を右クリックし 「行の高さ」をクリックします 行の高さのダイアログボックスが 表示されますので 行の高さのボックス内に 例えば「30」と入力し 「OK」ボタンをクリックすると 2行目の高さは30ポイントの大きさの 文字を収めることのできる高さとなります このレッスンでは列の幅と行の高さを 調整する方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。