Excel 2013 基本講座

グラフを移動する・グラフのサイズを変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの移動とサイズ変更について解説します。ワークシート上に作成した埋め込みグラフは、任意の大きさに変更したり、移動したりすることができます。グラフ専用のグラフシートに移動する方法についても解説します。
03:57

字幕

このレッスンではワークシート上に 作成したグラフの「移動」と 「サイズの変更」について解説します また「グラフ専用シートにグラフを移動」 する方法についても紹介します 使用するブックは Chapter_6 です このブックの「調査票2」のシートを アクティブシートにしましょう 表を元にグラフが作成されています ではこのグラフを使ってグラフの移動と サイズ変更を見ていきましょう まずはグラフの選択です グラフを選択するにはグラフ内に マウスポインタをポイントし 「グラフエリア」と表示されましたら マウスでクリックします これでグラフ全体を選択することができます 選択を解除するには任意のセルを クリックしましょう これで解除です グラフを選択する時に 何かの要素の上をクリックしてしまうと その要素のみが操作の対象となりますので 注意が必要です グラフ全体を操作対象にする場合には グラフエリアをクリックしましょう では作成したグラフを移動してみます 移動したいグラフを選択します マウスでドラッグすることで 自由な位置にグラフを移動することができます この時にキーボードの Alt キーを 押さえてドラッグすると セルの枠線にぴたっと合わせて 配置することも可能です 続いてグラフのサイズ変更を見ていきましょう グラフを選択します グラフを選択するとグラフの周りには サイズ調整ハンドルが表示されます サイズ調整ハンドルに マウスポインタをポイントし 二方向の白い矢印が表示されたら 外に向かってドラッグすると大きく 内に向かってドラッグすると 小さくなります この時もキーボードの Alt キーを押さえて ドラッグすると セルの枠線に合わせてピッタリと サイズ調整することもできます では次にグラフをグラフ専用シートに 移動してみましょう 現在こちらのグラフは調査2の ワークシート上に オブジェクトとして作成されています では移動したいグラフを選択します 「グラフツール」>「デザイン」タブ をクリックし 右端の「グラフの移動」ボタンを クリックします 「グラフの移動」のダイアログボックスが 表示されました 今はオブジェクトとして調査2の ワークシート上にグラフがあります ではグラフ専用のシートに移動しますので 新しいシートをクリックで選択しましょう こうすることでグラフ専用シートが 作成されます シート名を変更することは可能ですが 今回はこのままにしておきましょう 下にあります「OK」ボタンをクリックします これで「Graph1」という グラフ専用のシートが挿入され その中にグラフが移動しました グラフシートに作成したグラフは 印刷する用紙に合わせてサイズ調整されます よってユーザーがワークシート上で ドラッグで移動したり サイズ変更することはできません では調査2のワークシート上に グラフを戻しておきましょう 今の所 調査2のワークシート上には グラフはありません 現在はグラフ専用シート上に グラフが移動されているからです ではグラフ専用シート上のグラフを選択します 「デザイン」タブの右端の 「グラフの移動」ボタンをクリックします 「グラフの移動」のダイアログボックスが 表示されました 「オブジェクト」をクリックで選択し 右にあります下向き三角をクリックして 移動先のワークシートを指定します では調査2を選択しましょう 「OK」ボタンをクリックすると これで調査2のワークシート上に グラフを移動することができました グラフ専用のシートは 非表示となります このレッスンではグラフの移動と サイズ変更について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。