Excel 2013 基本講座

グラフの構成要素の書式設定を変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフ要素の書式設定を変更する方法について解説します。グラフ要素はフォントや配置、色などの書式の変更が可能です。書式設定を整えることで見やすいグラフになります。
03:12

字幕

このレッスンでは「グラフ要素の書式設定」 について’解説します 書式設定を整えることで 見やすいグラフになります では見ていきましょう 使用するブックは Chapter_6 です このブックの「調査票4」のシートを アクティブシートにしましょう グラフが作成されています このグラフを使ってグラフ要素の 書式設定を見ていきましょう 現在作成されているグラフは 文字の大きさが大きくて バランスが良くありません そこでフォントサイズを調整していきましょう グラフエリアを選択します フォントの設定は「ホーム」タブの 「フォント」グループの各ボタンを使います では フォントサイズボックス>下向き三角 をクリックし11ポイントにします 文字を小さくするとグラフ全体のバランスも 自動的に調整され体裁よくなりましたね 続けてグラフタイトルを太字にしましょう グラフタイトルをクリックで選択します 「フォント」グループの太字ボタンを クリックします これで選択したグラフタイトルが 太字になりました このようにグラフ要素のフォントの設定は 「ホーム」タブの 「フォント」グループで行います では次に凡例を右に配置してみましょう 凡例をダブルクリックすると 詳細設定 を行うための作業用ウィンドウが表示されます では凡例を右に配置しますので 凡例の位置は「右」をクリックしましょう 凡例が右に移動しました 書式設定の作業ウィンドウを 開いているまま 他の要素をクリックすると その要素の 書式設定に切り替えることができます 書式設定の作業ウィンドウは 使い終わったら閉じるボタンをクリックして 閉じておくと良いでしょう 続いてプロットエリアに塗りつぶしの 色を設定しましょう プロットエリアをクリックで選択します 「書式」タブの「図形のスタイル」の グループの中に 「図形の塗りつぶし」の ボタンが用意されています 「図形の塗りつぶし」ボタンをクリックし 任意の色をクリックします これで選択したプロットエリアに 色を付けることができました 更に凡例の周りに枠線を付けてみましょう 凡例を選択します 「書式」タブの図形のスタイル 「図形の枠線」ボタンをクリックします 任意の色をクリックしましょう これで凡例に枠線を付けることができました このように「書式」タブの 図形のスタイルグループを使うと グラフの要素に塗りつぶしや枠線 それから図形の効果を付けたり スタイルギャラリーからスタイルを選択し 書式を設定することもできます また「デザイン」タブの「グラフスタイル」の ギャラリーでは予め書式を組み合わせた― 様々なスタイルが用意されていますので こちらをクリックして グラフ全体に書式を設定することもできます またその左には色の変更のボタンも 用意されていますので カラーバリエーションの中から お好みの色を選択し グラフ全体の配色を 変えることもできます このレッスンではグラフ要素の 書式設定について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。