Excel 2013 基本講座

スパークラインを利用してセルにグラフを埋め込む

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スパークラインの利用について解説します。指定したセルに含まれる値を、「ミニチャート」と呼ばれる小さなグラフにして、セルに表示することができます。スパークラインを表示すると表内で、数値の傾向を視覚的に把握することができます。
02:21

字幕

このレッスンでは「スパークラインの利用」 について解説します 指定したセルに含まれる値を ミニチャートと呼ばれる小さなグラフにして セルに埋め込むことができます では見ていきましょう 使用するブックは Chapter_6 です このブックの「スパークライン」のシートを アクティブシートにしましょう 表が作成されています E 列の「傾向」の欄に4月から6月までの 来場者数の変動を表す― スパークラインを挿入しましょう スパークラインを挿入したいセル範囲 E4 から E10 をドラッグで範囲選択します 「挿入」タブをクリックし 「スパークライン」グループに 「折れ線」「縦棒」「勝敗」という ミニチャートが用意されています では「折れ線」ボタンをクリックしましょう 「スパークラインの作成」の ダイアログボックスが表示されました データ範囲にカーソルが点滅していることを 確認し 元データを指定します D4 から D10 のセル範囲を ドラッグで指定しましょう 「OK」ボタンをクリックすると 範囲選択してあった E 列に 折れ線形式のスパークラインが表示されます スパークラインを表示することで数値データの 傾向を視覚的に把握することができます またスパークラインを表示した セル範囲を選択すると コンテキストタブの「スパークラインツール」 >「デザイン」タブが使えます 「デザイン」タブを使って スパークラインを編集することができます 例えば「表示」グループの 「マーカー」にチェックを付けて グラフにマーカーを表示したり 「頂点」にチェックを付けて 「頂点」となる位置に 印をつけることなどもできます 「種類」のグループでは「折れ線」以外の 「縦棒」や「勝敗」の ミニチャートに切り替えることもできます また表示したスパークラインを解除するには 解除したいセル範囲を選択し 「デザイン」タブの「クリア」ボタンを クリックすると スパークラインを解除することができます では元に戻すをクリックして 戻しておきます このレッスンでは指定したセルに含まれる値を ミニチャートと呼ばれる小さなグラフにして セルに埋め込んで表示するスパークラインの 利用について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。