Excel 2013 基本講座

ワークシートを削除する・挿入する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シート名の変更について解説します。シート名はワークシートの内容がわかるように、必要に応じて名前を変更することができます。シート見出しの色を変えることも可能です。
02:58

字幕

このレッスンでは ワークシートの追加と削除について解説します 使用するブックは interior fair_1 です Excel のブックには初期状態で ワークシートが1枚用意されています このブックもシート見出しを見ると Sheet1 と表示されていて ワークシートは1枚です ワークシートは必要に応じて 追加したり 削除したりすることができます では ワークシートを1枚追加してみましょう シート見出しの右にあります 「新しいシート」のボタンをクリックします これで 新しいワークシートを 挿入することができました 「新しいシート」のボタンを使って ワークシートを挿入すると アクティブシートの右に 新しいシートが挿入されます また ワークシートの挿入は シート見出しを右クリックして 行うこともできます 見てみましょう では Sheet2 のシート見出しを 右クリックします 「挿入」をクリックします 「挿入」のダイアログボックスが 表示されました ここで ワークシートや グラフ専用のシートなどを 挿入することができます では ワークシートを挿入しますので ワークシートが選択されていることを確認し OK ボタンをクリックします Sheet3 という 新しいシートが挿入されました 右クリックでシートを挿入すると 右クリックをしたシートの左に 新しいシートが挿入されます もちろん 後からドラッグ操作で シートの位置を移動することは可能です では続いて ワークシートの削除を 見ていきましょう ワークシートを削除するには 削除したいシート見出しを右クリックします では Sheet3 を削除します Sheet3 のシート見出しを 右クリックします 「削除」をクリックします これで Sheet3 が削除されました ワークシートの削除操作は 元に戻すことはできません 「元に戻す」ボタンは使えませんね よって シートを削除する際には 本当に削除をして良いか注意が必要です データの入力されているシートを 削除しようとすると 確認メッセージが出るようになっています 見てみましょう Sheet1 にはデータが入力されています では Sheet1 のシート見出しを 右クリックし 「削除」をクリックします すると メッセージが表示されました 「シートを削除すると元に戻せません」と 表示されています この様に データが入力されているシートを 削除しようとすると 確認メッセージが出るようになっています ここで本当に削除をする場合は 「削除」ボタンを そうでない場合は 「キャンセル」ボタンをクリックします では 今回は 「キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきます このレッスンでは ワークシートの追加と削除について 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。