Excel 2013 基本講座

ワークシートの編集を制限してデータを保護する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シートの保護について解説します。ワークシートの情報を変更されないように制限できます。部分的に編集を許可することも可能です。シートを保護することで情報の改ざんや消去などを防ぐことができます。
03:14

字幕

このレッスンではワークシートの 保護について解説します ワークシートの情報を変更されないように 制限できます では見て行きましょう 使用するブックは Chapter_9 です 請求書が作成されています このワークシートを使って シートの保護について見ていきましょう まずは作成されている請求書が どのようなものか見ておきます この請求書は「商品コード」と 「数量」を入力すると それ以外の欄には数式が作成されていますので 最終的な請求金額まで出るようになっています このような請求書を扱っている際に 誤って数式を削除してしまっては困ります そこでワークシートを保護することにより データの消去や改竄を防ぐことができます 但し このままシートを保護すると 編集が必要な「商品コード」や 「数量」の欄も保護されてしまい 変更ができません そこでシートを保護する手順は まず データの変更を可能にしたいセルの ロックを解除します そしてシートを保護します こうすることでロックを解除したセル範囲は シートを保護しても データの変更が可能になります では見ていきましょう ロックを解除したいセル範囲を選択します 「商品コード」と「数量」の セル範囲を選択します 「ホーム」タブ 「セル」グループの 「書式」ボタンをクリックし 1番下の「セルの書式設定」をクリックします 「セルの書式設定」のダイアログボックスが 表示されましたら 「保護」タブをクリックします ロックにチェックがついていますね チェックボックスをクリックして ロックのチェックを外します 「OK」ボタンをクリックします これで選択範囲内のロックを 外すことができました ではシートを保護しましょう シートを保護する際には アクティブセルはどこにあっても構いません 「セル」グループの「書式」ボタンをクリックし 「シートの保護」をクリックします 「シートの保護」の ダイアログボックスが表示されました パスワードを設定しておくことも可能です 下にある「OK」ボタンをクリックすると これでシートが保護されました 試しに数式が入力されているセルを アクティブセルにし キーボードの Delete キーを押します するとシートが保護されているという 内容のメッセージが表示されて 改竄はできません 「OK」ボタンをクリックします ロックを外したセルは変更が可能です 「商品コード」と「数量」の欄は 変更できる筈です 見て行きましょう では「商品コード」の欄に アクティブセルを移動し 商品コードを入力します そして数量も入力してみましょう 商品コードと数量は入力できます 因みに シートの保護を解除するには 「書式」ボタンをクリックし 「シート保護の解除」をクリックします これでシートの保護を解除することができます このレッスンではワークシートを 保護する方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。