Excel 2013 基本講座

別のワークシートのデータをリンク貼り付けする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
別のワークシートのデータを参照する「リンク貼り付け」機能について解説します。リンク貼り付けしたセルには、元のセルを参照する数式が貼り付けられます。セルを参照する数式を直接入力して、リンクを設定することもできます。
04:48

字幕

このレッスンではリンク貼り付け 機能について解説します リンク貼り付けしたセルには元のセルを 参照する数式が貼り付けられます では 見て行きましょう 使用するブックは uriage_1 です 「3地区集計」のシートを アクティブシートにしましょう ここには東京・名古屋・大阪の 商品ごとの集計表を作成します B 列 ・C 列・ D 列にはデータは まだ入力されていません E 列の「合計」や 10 行目の「合計」の欄には SUM 関数を使って合計を求める 数式が作成されています よってそれぞれのデータが入力されてくれば SUM 関数によって合計の値が表示されます 今回はそれぞれの地区のデータを キーボードから入力するのではなく 予め作成されているワークシートの データを活用します 「東京」のシートには 東京の1月から3月までの売上表が 「名古屋」・「大阪」のシートにも 同じように売上表が作成されています それぞれの合計欄をコピーし リンク貼り付けして 3地区集計表を仕上げていきましょう まずは「東京」のシートのデータから コピーします 「東京」のシートをアクティブシートにし リンク貼り付けしたいセル範囲 E5 から E9 のセルを選択します 範囲選択できたらデータをコピーします 「クリップボード」グループの「コピー」 ボタンをクリックするか 選択範囲内を右クリックしてコピーしましょう 続いて貼り付け先を指定します 「3地区集計」のシートを アクティブシートにし 東京の欄の1項目目のセル B5 を アクティブセルにします ここでリンク貼り付けを実行します 「ホーム」タブ 「クリップボード」グループの 「貼り付け」ボタンの 下向き三角をクリックします 「その他の貼り付けオプション」内の 「リンク貼り付け」のボタンをクリックします これでリンク貼り付けを 実行することができました リンク貼り付けされたセルには 元のセルを参照する数式が作成されます 貼り付けしたセルをダブルクリックするか 数式バーで確認しましょう 「東京」のシートのセルを参照する 数式が出来上がっていますね このようにリンク貼り付けをすることで 元のセルを参照する数式が 貼り付けられますので 元の値が変われば 貼り付け先も自動的に更新され 最新の状態に保つことができます このような仕組みになっていますので セルに = を入力し数式を作成して リンクすることもできます では名古屋の欄は数式を作成して リンクしてみましょう 名古屋の1項目目のセル C5 のセルを アクティブセルにします キーボードから = を入力します 続いて「名古屋」のシートを アクティブシートにします 合計の欄の1項目目 E5 のセルをクリックします これで名古屋のシートの E5 のセルを 参照する数式を作成することができます では Enter キーで数式を確定しましょう アクティブセルのあった所に名古屋の シートを参照する数式が作成されました 数式は相対参照で作成されますので オートフィル機能を使って コピーすることができます このようにセルに数式を入力して リンクすることもできます では「大阪」の欄もリンクしておきましょう リンク貼り付けの方法でやってみます 「大阪」のシートをアクティブシートにし リンクしたいセル範囲を選択します データをコピーします 貼り付け先を指定します 「3地区集計」のシートを アクティブシートにし 大阪の1項目目のセルを アクティブセルにします ここで「貼り付け」ボタンの 下向き三角をクリックするか 或いは貼り付けたいセルを右クリックして 「形式を選択して貼り付け」そして 「リンク貼り付け」をクリックして リンクすることもできます 今回はブック内の別のワークシートの データをリンク貼り付けしましたが 別のブックのデータをコピーし リンク貼り付けすることも可能です このレッスンではリンク貼り付け 機能について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。