Excel 2013 基本講座

リストをテーブルに変換して活用する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
リストをテーブルに変換してデータベース機能を活用する操作について解説します。表のセル範囲をテーブルに変換することで、データの書式設定やデータベース機能を簡単に使用することができます。
05:06

字幕

このレッスンではリストをテーブルに変換して データベース機能を活用する― 方法について解説します 表のセル範囲をテーブルに変換することで データベース機能がより使いやすくなります では見ていきましょう 使用するブックは Chaptre_12 です このブックの「四半期」のシートを アクティブシートにしましょう 四半期の売上リストが作成されています ではこのリストをテーブルに変換して データベース機能を使っていきましょう リスト内の任意のセルを アクティブセルにします 「挿入」タブをクリックします 「テーブル」グループの 「テーブル」ボタンをクリックします 「テーブルの作成」の ダイアログボックスが表示され リストの範囲が自動的に 認識されています 「OK」ボタンをクリックすることでリストの 範囲をテーブルに変換することができます では「OK」ボタンをクリックしましょう これでリスト範囲がテーブルに 変換されました テーブル内にアクティブセルを移動すると コンテキストタブの― 「テーブルツール」>「デザイン」タブ が表示されます こちらを使ってテーブルに スタイルを設定したり 「テーブルスタイルのオプション」 を使ってデータベース機能を 活用するための様々な オプション設定を行うことができます 例えばフィールド名 画面を下にスクロールすると 列番号にフィールド名が 表示されますので 各列がどのフィールドであるか わかりやすくなっています またオートフィルタが自動的の 設定されていますので フィルタボタンをクリックし データを抽出したり 並べ替えを実行することもできます また「デザイン」タブの 「テーブルオプション」の 「集計行」にチェックを付けると テーブルの下に 集計行が表示されました 集計の欄にはフィールドを合計した 値が表示されています アクティブセルを移動すると 数式バーで数式を確認することができます また右には下向き三角が表示されますので 下向き三角をクリックして 計算方法を変更することも可能です 集計行であれば 他のフィールドにアクティブセルを移動すると 右に下向き三角が表示されますので 計算結果を追加することができます また「データ」タブの 並べ替えとフィルタグループの 「並べ替え」ボタンを使って 通常のリストと同じように テーブルを複数のフィールドを 基準に並べ替えることも可能です 但し「データ」タブの右端の 「アウトライン」グループの― 「小計」ボタンは 今グレーアウトして使えませんね テーブルに変換されたリストは 自動集計は実行することはできませんので 「小計」ボタンを使って 自動集計を実行する際には テーブルに変換する前の通常の セル範囲のリストを使うようにしましょう では続いてテーブルを解除し 通常のセル範囲に戻す方法を見ていきましょう テーブル内にアクティブセルを移動します 「デザイン」タブの「ツール」グループ 「範囲に変換」というボタン こちらをクリックすると テーブルを解除し 通常のセル範囲のリストに 戻すことができます では「範囲に変換」ボタンを クリックします すると「テーブルを標準の範囲に 変換しますか?」と表示されますので 「はい」をクリックすると テーブルを解除し 通常のリストに戻すことができます 先程まで表示されていました コンテキストタブの「デザイン」タブは 非表示となりましたね また「データ」タブの「小計」ボタンが 使えるようになっています 自動集計を実行することができます テーブルを解除し 通常のセル範囲に 戻りましたが テーブル状態の時に設定したスタイルや テーブルの一番下の 集計行は自動的には解除されません もしテーブルスタイルや集計行を 解除したい場合には テーブル状態の時に処理が必要です では見てみましょう 元に戻すをクリックして もう1度テーブル状態に戻しておきます 「デザイン」タブが表示されました 現在リストはテーブルの状態に 戻っています まずはテーブルのスタイルを 解除しましょう 「デザイン」タブをクリックし 「テーブルスタイル」の 下向き三角をクリックします 一番下の「クリア」をクリックしましょう これでテーブルのスタイルを 解除することができました 続いて一番下に表示されています 集計行を解除しましょう 「デザイン」タブの集計行の チェックを外します これで集計行を解除することができました では「範囲に変換」ボタンをクリックし テーブルを標準の範囲に戻します これでテーブルを解除し 通常のセル範囲に戻すことができました このレッスンではリストをテーブルに変換して データベース機能を活用する 方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。