Excel 2013 基本講座

ピボットテーブルを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ピボットテーブルの作成手順について解説します。データベースのリストを基にピボットテーブルを作成し、分析する用途に応じて必要なフィールドをピボットテーブルのレイアウトに配置します。
04:39

字幕

このレッスンではピボットテーブルの 作成手順について解説します リストを元にピボットテーブルを作成し 分析する用途に応じて 必要なフィールドをピボットテーブルの レイアウトに配置します では見ていきましょう 使用するブックは「pivot table_1」です このブックの「売上一覧」のシートには リストが作成されています 日付 商品名 担当者の フィールドが作成されていて それぞれの売り上げのデータが 入力されています では これからこのリストを元に データを分析する為の ピボットテーブルを作成しましょう リスト内の任意のセルを アクティブセルにします 「挿入」タブをクリックします 「テーブル」グループの 「ピボットテーブル」ボタンをクリックします 「ピボットテーブルの作成」の ダイアログボックスが表示されました まずは分析するデータを選択します 「テーブルまたは範囲を選択」が 選ばれている事を確認し テーブル範囲にはリストの範囲が 自動認識されています リスト内をアクティブセルにし ピボットテーブルを挿入する操作をすると リストのセル範囲が自動認識されます 続いてピボットテーブルを 配置する場所を選択します 今回は新規ワークシートに ピボットテーブルを作成しますので 「新規ワークシート」が 選択されている事を確認しましょう では 下にあります 「OK」ボタンをクリックします これで新規のワークシート 「シート1」が挿入され その中にピボットテーブルを 作成する為の領域が表示されました また 右にはピボットテーブルフィールドの 作業ウィンドウが表示され 日付から担当者まで 元リストの売上一覧の フィールドを指定するための 項目が表示されます こちらを使ってどのフィールドを ピボットテーブル上の どこに配置するか決めていきます フィールドを選択する領域を 「フィールドセレクション」といい ピボットテーブルのレイアウトを指定する領域 を「レイアウトセレクション」と呼んでいます 例えば商品名のフィールドをピボットテーブル の行のラベルとしたい場合には フィールドセレクションから商品名の フィールドにマウスポインタをポイントし ドラッグ操作でレイアウトセレクションの 行エリア こちらまで配置して行きます すると ピボットテーブル上には 行ラベルとして商品名が指定されます ピボットテーブルに配置した フィールドを解除するには フィールドにマウスポインタをポイントし レイアウトセレクション以外にドラッグします またドラッグする以外に フィールドセレクションの- フィールド名の先頭のチェックボックスの チェックを外して解除をしたり レイアウトセレクションのフィールド名に マウスポインタをポイントし 右の下向き三角▼をクリックして 「フィールドの削除」をクリックすることで 解除することもできます では これからいつ何がいくら売れたかを 分析するピボットテーブルを作成しましょう まずは「日付」のフィールドをドラッグし 「列」ラベルに配置します これでピボットテーブル上の列ラベルに 日付が配置されましたね 続いて「商品名」を 「行」ラベルに配置しましょう 商品名が行のラベルに配置されました では分析するデータです 分析するデータは金額ですので 金額のフィールドをドラッグし 「値」領域に配置します これでいつ どの商品が どれぐらい売れたかを分析する- ピボットテーブルを作成することができました このようにピボットテーブルの フィールドリストを使って ドラッグ操作で簡単にピボットテーブルの レイアウトを決めることができます この作業ウィンドウはピボットテーブル内に アクティブセルがある時に表示されます ピボットテーブル以外で アクティブセルであると フィールドリストの作業ウィンドウは 表示されませんので注意をしましょう また 作業ウィンドウ内に 「閉じる」ボタンが用意されています 「閉じる」ボタンをクリックして 作業ウィンドウを閉じると 次からは自動的には表示されません そこで再表示するには 「分析」タブの「表示」グループ 「フィールドリスト」のボタンをクリックすると これで再表示することができますので 覚えておくと良いでしょう このレッスンではピボットテーブルの 作成手順について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。