Excel 2013 基本講座

データを絞り込んで表示する・項目ごとにワークシートを作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの絞り込みと、絞り込んだ項目ごとにワークシートを作成する方法について解説します。フィルタ領域にフィールドを追加するとデータを絞り込んで表示できます。また、フィルタ領域に配置した項目ごとにワークシートを作成し、データを分けて表示することも可能です。
03:13

字幕

このレッスンでは ピボットテーブルのデータの絞り込みと 絞り込みの項目ごとにワークシートを 作成する方法について解説します 使用するブックは「pivot table_4」です 「sheet1」には売上一覧のリストを元にした ピボットテーブルが作成されています 「行」ラベルは「商品名」 「列」ラベルは「日付」で 分析するデータは合計金額として ピボットテーブルが作成されています では これから 「フィルター」領域にフィールドを配置して データを絞り込んで見ていきましょう 「担当者」のフィールドを 「フィルター」領域に配置します 「担当者」のフィールドボタンをドラッグし 「フィルター」領域に配置します これでピボットテーブルの左上には 「レポートフィルター」という領域が作成され 「担当者 (すべて)」と表示されています 現在のピボットテーブルはすべての担当者を 対象にしたテーブルとなっています 「すべて」の▼をクリックすると ドロップダウンでリストが表示され 担当者ごとに絞り込んで データを分析することができます では任意の担当者の名前をクリックしましょう 「OK」ボタンをクリックすると 指定した担当者だけの- ピボットテーブルを表示することができ データの分析に役立ちます では 担当者は「すべて」の表示に 戻しておきましょう 「フィルター」ボタンをクリックし「すべて」 をクリックし「OK」ボタンをクリックします これですべてのデータを 表示することができました この様にフィルター領域に フィールドを配置すると レポートフィルターを表示することで ピボットテーブルを絞り込んで データの分析を行うことができます またレポートフィルターに配置した 担当者の各アイテムごとに ワークシートを作成することもできます 見てみましょう ピボットテーブル内に アクティブセルを移動します ピボットテーブルツールの 「分析」タブをクリックします 一番左端の「ピボットテーブル」の ▼をクリックします 「オプション」の右にあります▼をクリックし 「レポートフィルター ページの表示」 をクリックします すると「レポートフィルター ページの表示」 というダイアログボックスが表示されました ボックス内にはフィルター領域に配置した 担当者のフィールドが表示されていますね こちらを使って各担当者ごとに ワークシートを分けることができます では下にあります「OK」ボタンをクリックして 結果を確認しましょう それぞれの担当者ごとの ワークシートが作成されました アクティブシートを切り替えて 確認して行きましょう それぞれの担当者ごとの ピボットテーブルが作成されています この様にフィルター領域に フィールドを配置すると そのフィールドのアイテムごとに ワークシートを分けることも可能です このレッスンでは フィルター領域にフィールドを配置し- データを絞り込んで表示したり アイテムごとのワークシートを 作成する方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。