Excel 2013 基本講座

基データを変更してピボットテーブルのデータを更新する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
基データを変更してピボットテーブルのデータを更新する方法について解説します。集計元のデータが変更された場合には、ピボットテーブルを手動で更新します。
02:33

字幕

このレッスンではピボットテーブルの 元データを変更し ピボットテーブルを更新する 方法について解説します 使用するブックは pivot table_4 です sheet1 には売上一覧のリストを元にした ピボットテーブルが作成されています ではこれから元データを変更し ピボットテーブルを 更新する操作を見ていきましょう 変更するデータは一月の「化粧水」の データとなりますので 現在ピボットテーブル上の 一月の「化粧水」の合計は 903000 となっています 確認しておきましょう では元データを変更します 「売上一覧」のシートを アクティブシートにします 「1月5日」の「化粧水」の 「数量」を変更しましょう D4 のセルをアクティブセルにし 今「数量」は17ですが 100に変更してみます キーボードから 100 と入力し Enter キーで確定します 「数量」を増やしましたから 右の「金額」も増えました ではピボットテーブルを確認しましょう sheet1 をアクティブシートにします ピボットテーブルは自動的には 更新されません そこで更新操作が必要です 見ていきましょう 「分析」タブの「データ」グループ 「更新」ボタンをクリックします これで最新の状態に ピボットテーブルを更新することができました 一月の「化粧水」の「金額」が 1484000 に更新されました このようにピボットテーブルは 自動的には更新されませんので 元データを変更したら 更新ボタンをクリックして 最新の状態にピボットテーブルを 更新してから データを分析するようにしましょう ちなみにブックを開いた時に データを更新するオプション設定も可能です 見てみましょう 「分析」タブの左端の ピボットテーブルグループから 「オプション」をクリックします 「ピボットテーブルオプション」の ダイアログボックスが表示されましたら 「データ」タブをクリックします 「ファイルを開く時にデータを更新する」 というチェックボックスがあります こちらにチェックを付けておくと ブックを開いた時に ピボットテーブルのデータが 自動的に更新されます 確認できましたら「キャンセル」ボタンを クリックしてキャンセルしておきましょう このレッスンでは元データを変更し ピボットテーブルを更新する方法について 解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。