Excel 2013 基本講座

フィールドに表示形式を設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
フィールドに表示形式を設定する方法について解説します。ピボットテーブルの値フィールドに表示形式を設定することで、データをより見やすくすることができます。
02:11

字幕

このレッスンではピボットテーブルの 値フィールドに 表示形式を設定する方法について 解説します 表示形式を設定することで データがより見やすくなります 使用するブックは pivot table_4 です sheet1 には売り上げ一覧のリストを 基にしたピボットテーブルが作成されています 商品ごとの1月から3月までの 金額の合計が集計されています ではこれから値フィールドの 金額の合計の数値データに 三桁ごとのカンマ 桁区切りスタイルを設定しましょう 値フィールド内に アクティブセルを移動します 「分析」タブをクリックします 「アクティブなフィールド」グループの 「フィールドの設定」ボタンをクリックします 「値フィールドの設定」の ダイアログボックスが表示されました 左下に「表示形式」ボタンが用意されています 「表示形式」ボタンをクリックすると 「セルの書式設定」の表示形式タブが 表示されます 「分類」で数値をクリックで選択します 「桁区切りを使用する」に チェックを付けることで 3桁ごとのカンマの桁区切りスタイルを 設定することができます 下にあります「OK」ボタンをクリックし 「セルの書式設定」の ダイアログボックスを閉じます 「値フィールドの設定」の ダイアログボックスも 「OK」ボタンをクリックして 結果を確認しましょう 値フィールドに3桁ごとの カンマが付いてデータが見やすくなりました このようにピボットテーブルの 値フィールドに表示形式を設定するには 「フィールドの設定」ボタンをクリックし 「表示形式」のボタンをクリックして 「セルの書式設定」の ダイアログボックスで 様々な表示形式を設定することができます 今回は数値で桁区切りを使用しましたが 例えば「会計」タイプや「通貨」タイプ それから「パーセンテージ」の 指定なども可能です このレッスンではピボットテーブルの 値フィールドに 表示形式を設定する 方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。