Excel 2013 基本講座

ゴールシークを使って目標値を得るための値を導き出す

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
What-If 分析を使って、目標値を得るための値を導くゴールシーク機能について解説します。
02:17

字幕

このレッスンでは What-If 分析を使って 目標値を得るための値を導く ゴールシーク機能について解説します 使用するブックは Chapter_14 です このブックの「ゴールシーク」のシートを アクティブシートにしましょう パーティ費用の合計を求めるための 表が作成されています 「費用の合計」の欄には SUM 関数を使って 金額の合計を出すための 数式が作成されています 「コース料理」の単価がまだ決まっていません 費用の合計額を50万にするには 「コース料理」をいくらにすればよいか このような場合には ゴールシーク機能がお勧めです ゴールシーク機能を使うと目標値を 得るための値を素早く導くことができます では見てみましょう アクティブセルはどこにあっても構いません 「データ」タブをクリックし 「データツール」グループの 「What-If 分析」のボタンをクリックします 「ゴールシーク」をクリックします 「ゴールシーク」のダイアログボックスが 表示されました では 「数式入力セル」は 「費用の合計」の数式が 作成されているセルを指定しますので D8 のセルをクリックします これで「数式入力セル」は D8 を 指定することができました 続いて「目標値」のボックスに クリックでカーソルを出し 目標値を入力します 目標値は50万ということですから キーボードから 500000 を入力します 続けて「 変化させるセル」は と言うと 変化させたいセルは「コース料理」の単価です よって B5 のセルをクリックし B5 のセルを指定します 「OK」ボタンをクリックすると ゴールシークが働いて収束値が検索され 結果が表示されます 「コース料理を 15,500 にすると 費用の合計を50万とすることができます」 という結果が表示されました ゴールシークのダイアログボックスは 「OK」ボタンを押して閉じておきましょう このレッスンでは What-If 分析の ゴールシークを使って 目標値を得るための値を 導く方法について解説しました

Excel 2013 基本講座

Excelには豊富な機能やツールが用意されていますが、それらを知らずにExcelを使っている方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2013の数ある機能やツールを基本から解説していきます。数式の入力や関数の使い方、グラフの作成や複数のワークシートの連携、データベース機能や分析ツールの活用、ピボットテーブルやマクロの利用などについて説明します。

6時間42分 (97 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年04月04日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。