Acrobat DC 入門講座

ページ表示方法

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Acrobat DC内に表示したPDFのズームやページめくり機能を解説します。
講師:
04:20

字幕

このレッスンでは Acrobat DC で 開いている PDF ファイルの ページめくり及び画面表示の拡大・縮小の 機能について説明します まず Acrobat DC で 02_overview.pdf と いうファイルを開いておきましょう このファイルは画面上ツールバーを見ますと 総ページ数そして現在表示されている ページ数が分かるようになっています 今回は8ページのうちの 1ページ目が表示されているわけですが ページをめくりたい時には その隣にある矢印のマークをクリックして ぺーじめくりが可能です 下向き矢印で次のページへ 上向き矢印で前のページへと ページめくりできます 更に ページ数が表示されている 部分をマウスで選び 直接何ページ目を表示したいという 指定もできます 今回は4ページ目という数字を入力し Enter キーを押して画面を表示してみます このようなページめくりの機能の他に 画面の表示倍率の 拡大・縮小方法についても説明します 画面下をご覧頂くと マウスポインタを合わせた時 ページコントロールのための フローティングウィンドウが現れます この中でよく使われているのが まずページの幅をウィンドウ幅に 合わせるという拡大表示方法です アイコンとしてはこの部分になりますので クリックしてみましょう 現在表示されているウィンドウ幅に合わせて ページを拡大表示してくれます また全体表示に変えたい時には その隣にあるアイコンをクリックしますと ページ全体を画面に表示することが 可能となります その他 「+」マークや「-」マークがあり それぞれのボタンをクリックすることによって 順々に画面表示を拡大して行ったり 縮小して行ったりできます この倍率については その隣にある倍率のパーセントの 部分の下向き三角をクリックしてみると リストが表示され この中から倍率を選んで行って 表示を切り替えることもできます このリストの中からお好みの 倍率の部分を選んでみましょう 最大で 6400% まで拡大表示できるので 細かい図面といったようなものや 地図といったようなものでも 非常に明確に拡大表示して見ることができます 他にも 100% 表示というのもあり 一般にこのポップアップの中にある 幅に合わせる 100% 表示などが よく使われているものになります 他にも「表示」メニューという所からも ズームの機能が利用できます それでは「表示」メニュー「ズーム」と いった所を選んでみましょう 非常によく使われているのが この中の「マーキーズーム」という機能です 選んでみたいと思います この機能を選ぶとマウスポインタの形が ズームツールへと変わり 拡大表示したい所をこのように ドラッグして頂くと それが 画面いっぱい広がっていきます また 元の 100% 表示もしくは ページ全体に戻したいという時には ポップアップやアイコンでクリックして 戻しておきましょう このように画面に表示されている ツールを利用して 更には「表示」メニューを利用して ズームやページめくりといったことが できるようになっています このレッスンではぺーじめくり 画面の表示倍率の変更についてご紹介しました

Acrobat DC 入門講座

Acrobat DCはドキュメント管理に欠かせないソフトウェアです。このコースは初めてAcrobatやPDFに触れる方でもPDFについて体系的な理解が得られるよう構成されています。Acrobatの特徴やPDFの基礎知識から、さまざまなドキュメントのPDF変換や修正、セキュリティ機能まで幅広い内容を学ぶことができます。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Acrobat Acrobat DC
価格: 2,990
発売日:2016年04月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。