Acrobat DC 入門講座

ツールバーのカスタマイズ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
初期状態で表示されているツール以外の便利なツールの表示やツールバーのカスタマイズについて、解説します。
講師:
04:16

字幕

このレッスンではツールバーの カスタマイズ方法について解説します まず画面には 02_overview.pdf と いうファイルを表示しておきましょう ツールバーというのは画面上部に 表示されているものですけれども この他にもツールとして PDF ファイルの下に マウスポインタを表示したときに 出てくるフローティングの ツールパネルもあります 今回このツールは上側のツールバー エリアに移動しておきましょう 「ページコントロールをツールバーに移動」 というボタンをクリックしてみます このように主な表示のための 各種ツールは用意されているんですが この他にも便利なツールが沢山あります 追加するツールとして今回は 私もよく使う「マーキーズーム」ツール そして「前の画面」「次の画面」という ツールを追加して行きます 実際の操作としては 「表示」メニューからの機能と ツールバー上の右クリックによる機能が 用意されています まずは「表示」メニューの機能を使ってみます 「表示」>「表示切り替え」> 「ツールバー項目」というのを選ぶと 項目ごとに機能ごとに分類された ツールがリストされていきます この中の「選択とズームツールを表示」を 選んでみますと その中に「マーキーズーム」ツールと いうのがあります マウスでドラッグしたエリアを 拡大表示する機能です こちらを選んでみましょう するとこの部分に「マーキーズーム」 ツールが新たに加わりました このツールがあることによって 画面の目的の部分を拡大することが 非常に楽になりますね 続いてもう1つのツールの追加方法を 紹介します これはツールバーのエリアの グレーの所のどこでも結構です この位置でマウスのポインタを合わせ 右クリックしますと 先程のメニューで表示された 機能がこちらにも出てきました 今回紹介するのは「前の画面」 「次の画面」という ウェブブラウザで言う所の「戻る」 「進む」というような機能です それでは「ページナビゲーションツールを 表示」の中の 「前の画面」を選んでみましょう これによってこちらに左向き矢印の ツールが追加されました 同様にしてツールバーの 空いてるエリアで右クリックし 「ページナビゲーションツールを表示」から 「次の画面」を選んでおきましょう するとこのように左向き・右向きの 矢印が出てまいりました 先程表示されていた画面に戻る この「前の画面」のボタンを クリックしてみましょう すると先程の全体表示が また「次の画面」のボタンも クリックしてみましょう すると拡大表示した画面が というように 進む・戻るという役割をもつボタンも 用意されているんです このように新たなツールを 後から追加して行き より使いやすくするというカスタマイズ 方法が用意されています 尚 このツールバーのカスタマイズにおいては 自分の好みの設定ができる訳ですけれども 共有するようなマシンの場合には その設定をリセットしたい時も 出てくるかもしれません リセットする場合にも同じ操作方法で 何も無いツールバーのエリアで 右クリック後 1番下にある「ツールバーをリセット」と して頂くと 先程追加したツール群というのが なくなります 勿論 後からでもいくらでも 追加はできますので 自分用のマシンの場合には 自分がよく使うツールを 是非追加して使いやすく 変えていってみてください このレッスンではツールバーの カスタマイズについて紹介しました

Acrobat DC 入門講座

Acrobat DCはドキュメント管理に欠かせないソフトウェアです。このコースは初めてAcrobatやPDFに触れる方でもPDFについて体系的な理解が得られるよう構成されています。Acrobatの特徴やPDFの基礎知識から、さまざまなドキュメントのPDF変換や修正、セキュリティ機能まで幅広い内容を学ぶことができます。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Acrobat Acrobat DC
価格: 2,990
発売日:2016年04月10日
再生時間:2時間28分 (35 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。