Acrobat DC 入門講座

PDF作成のポイント

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Acrobat DCを使用したPDF作成のポイントについて解説します。
講師:
05:21

字幕

このレッスンでは Adobe Acrobat DC での PDF 作成のポイントについてご説明します まず 大きく3つのポイントがあります 作成する前に 覚えておいていただきたいと思います 1つはファイルの種類に応じた PDF 作成方法があるということ これは PDF の変換元の ファイルを指しています 例えば 写真素材の場合 また テキストデータの場合 Word データの場合 そして デザインデータの場合など 様々な変換元ファイルによって PDF の作成方法が多少異なります 最適な PDF 作成方法を 選んでいただくと良いでしょう また 作った PDF ファイルを その後にどのように活用するかによって PDF を作る際のファイルサイズの設定と 画質の設定が異なります 作った PDF をその後 何に使うのか といったことも大切な要素ですので 作成する前に確認しておくと良いでしょう 3つ目としては Acrobat DC をインストールすると その後 用意されるツール群が いくつかあります これは Windows 版と Mackintosh 版によって多少異なりますので そのツール群の所在であったり 使い方について 各環境に合わせて 覚えていただくと良いでしょう この内の用途に応じた設定というのは あらかじめ Acrobat DC をインストールすると いくつか用意されています その設定内容について確認しておきます まず 1つには 「標準」という設定があるんですけども これは 企業内のビジネスプリンターでの プリントアウトを想定した PDF です 次に「高品質」というのがありますが こちらは さらに大型のデジタル印刷機などの 印刷を想定したものになっています 次の PDF/A という設定の場合には ISO 国際標準化機構で標準化された ファイルのフォーマットになっています この A というのは アーカイブを意味していて 長期保管用の PDF を表していますので 長期保管用の PDF/A でのデータ保管が 義務付けられているようなデータの場合には この設定を使っていただくと良いでしょう 次の「最少ファイルサイズ」につきましては データ容量をコンパクトに抑えた PDF ファイルの設定となっています Web での配信であったり ファイルを保管する際に コンパクトにしておきたいといった場合には こちらを選んでいただくと良いでしょう ただし この設定のみ フォントを埋め込むことをしておりませんので フォントは代替え表示される という風になりますので フォントを正しく表示したい場合には 「最少ファイルサイズ」ではなく 「標準」という設定を 使っていただくと良いでしょう 次の「プレス品質」につきましては この「プレス」は印刷を意味しています 印刷の版を出すための品質ということで 非常に高画質な設定となり データ容量は多少重くなります 次の「雑誌広告送稿用」という 設定につきましては 日本雑誌協会が推奨する 雑誌広告のための データ変換の設定なんですけども 現在は日本雑誌協会では 「雑誌デジ送ナビ」というサイトで 標準的な設定というのを ダウンロードできるようにしてありますので 一般には「雑誌広告送稿用」は 「雑誌デジ送ナビ」というサイトから ダウンロードした設定を お使いいただいています 次の PDF/X1a PDF/X3 といった設定は これは印刷データ交換用の PDF の ISO 規格になります 印刷データを印刷会社に入稿したり 出版社 デザイン広告会社の間で データ交換するような場合には この設定を使います 次に「オーバーサイズページ」 という設定がありますが こちらは 200 インチ × 200 インチ 508 cm と考えていただくと良いでしょうか 5 m 強のファイルサイズを表しています 機械図面 大判の地図 建築図面 といったものを PDF に変換したい時には こちらをお使いいただくと良いでしょう これらの設定が Acrobat DC をインストールすると あらかじめ用意されている設定です もちろん これらを更にカスタマイズして オリジナルの設定を作ることも 可能になっています このレッスンでは Acrobat DC を使って PDF を作成する前に 知っておいていただきたい 3つのポイントについてご紹介しました

Acrobat DC 入門講座

Acrobat DCはドキュメント管理に欠かせないソフトウェアです。このコースは初めてAcrobatやPDFに触れる方でもPDFについて体系的な理解が得られるよう構成されています。Acrobatの特徴やPDFの基礎知識から、さまざまなドキュメントのPDF変換や修正、セキュリティ機能まで幅広い内容を学ぶことができます。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Acrobat Acrobat DC
価格: 2,990
発売日:2016年04月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。